講義情報

 

計画システム分析(学部、前期)

 

【学習目標】

(1)  モデル化の考え方を学び、モデル化ができるようにする。

(2) 動的計画法の基本原理である最適性の原理をいろいろな例題を通して理解するとともに、実際の問題を定式化できるようにする。

(3)  PERTの考え方を学び、現実のプロジェクトにも対応できるようにする。

 

【講義形式】

講義と演習をうまく組み合わせて、より分かりやすい講義を目指す。内容が理解しやすいように図やポンチ絵などの視覚的な情報を提供するために、パワーポイントを用いる。

 

【履修上の注意】

数理的な問題を考えることが苦手な人には、履修を薦めない。 

 

講義計画の詳細はホームページ

 

 

都市・地域環境計画(学部、後期)

 

【講義概要】

生活、生産活動の場を安全かつ快適な環境として創造するため、都市・地域環境の保全と構築のための計画理論や技術について講義する。持続可能な発展にむけて、都市・地域の開発が資源や地域環境、地球環境へ与えるインパクトをできるだけ小さくするような計画技術やシステムを紹介する。また、環境・エネルギー等の問題は国境を超えた課題となっているため、国際協調に視点を置く環境改善に関わる計画理論や技術を学ぶ。

 

【学習目標】

(1) 都市・地域環境計画の基礎を全体的に把握すること。

(2) 都市・地域の環境計画手法を理解すること。

(3) これらの計画手段に求められる創造的課題を理解すること。

(4) 持続可能な都市・地域環境計画の重要性とポイントを理解すること。

 

講義計画の詳細はホームページへ

 

 

都市環境性能特論(Advanced Topics on Urban Environment)(大学院、前期)

 

【講義概要】

都市化に伴う環境に対する影響がますます顕著に現われてくるなか、都市環境の要素とその性能を体系的に理解し、持続可能な都市づくりの理念に対する認識を深めることを念頭に置き、都市・地域などの空間スケールに分け、熱環境、インフラとエネルギー、廃棄物処理、水循環と水供給処理、環境評価及び環境管理などに関する基礎知識を取得し、都市環境計画と評価手法について講義する。

 

【学習目標】

(1) 都市・地域における熱環境、インフラとエネルギー、廃棄物処理、水循環と水供給処理、環境評価及び環境管理に関する基礎知識を取得できる。

(2) 環境計画と評価手法について基本的な理解をできる。

(3) 都市環境の性能を体系的に把握し、持続可能な都市づくりの理念とその意義について認識できる。

 

講義計画の詳細はホームページへ

 

 

担当教員の連絡先

理工学部3号館3305

電話: 0952-28-8875

E-mail: haifeng@cc.saga-u.ac.jp