主題シュダイ科目カモク 都市デザイン史(Urban Form)
4-3 近代キンダイの都市デザイン(急進的キュウシンテキモダニストによる理想都市リソウトシ提案テイアン)
出典シュッテン 建築大ケンチクダイ辞典ジテン ダイハン」、ショウ国社クニシャ、1993
西洋建築セイヨウケンチク図集ズシュウ 三訂版サンテイバン」、日本建築学会編ニホンケンチクガッカイヘン彰国社ショウコクシャ、1981
広辞苑コウジエン 第四版ダイヨンハン」、新村ニイムライズルイヘン岩波書店イワナミショテン、1993
モダニズム modernism
近代主義キンダイシュギ一般的イッパンテキには、既成キセイ価値カチ秩序チツジョモトづく世界セカイコウして、近代科学キンダイカガク合理主義ゴウリシュギモトづくアラたな世界セカイ支持シジしようとする姿勢シセイをいうが、美術ビジュツウエでは、キュビズムにハジまるモダンアートの動向ドウコウをいい、建築ケンチクウエでは、ウィーン・ゼツェッシオン、バウハウス、CIAMなどの活動カツドウ国際様式コクサイヨウシキ確立カクリツされてくるモダン・ムーブメント(近代運動キンダイウンドウ)のナガれ、およびその延長エンチョウセンジョウニ線上センジョウにある動向ドウコウすこととなる。だが、このは、そのようなモダンアートやモダンムーヴメントの動向ドウコウ本来ホンライ積極性セッキョクセイウシナって形骸化ケイガイカされたのを批判ヒハンして使ツカわれる場合バアイオオい。ポストモダニズムはハンモダニズムの顕著ケンチョレイ
国際様式コクサイヨウシキ international style
近代建築キンダイケンチク多様タヨウ動向ドウコウのうちで、個人コジン地域チイキ特殊性トクシュセイえて、世界的セカイテキ共通キョウツウ様式ヨウシキへとかっているもの。個々ココ建築家ケンチクカにより、その主張シュチョウ作風サクフウ幾分イクブンチガいがあるが、1920年代ネンダイから50年代ネンダイごろまでの近代建築キンダイケンチク主流シュリュウをなす合理主義的造形様式ゴウリシュギテキゾウケイヨウシキをいう。その特色トクショクは、装飾ソウショク排除ハイジョ、シンメトリーよりバランスの重視ジュウシ量感リョウカンより空間クウカンカンカク感覚カンカク建築ケンチクをとらえていくことの3テン要約ヨウヤクされる。
ガルニエの工業都市計画コウギョウトシケイカク Garnier's industrial town
1901〜04ネンにかけてT.ガルニエが設計セッケイした工業都市案コウギョウトシアン。バロック的都市計画テキトシケイカク克服コクフクした最初サイショ都市計画トシケイカクといわれる。フランス南東部ナントウブ想定ソウテイされたこの工業都市コウギョウトシ計画人口ケイカクジンコウ35,000、鉄道テツドウカワアイダにまとめられた工業地域コウギョウチイキと、公園コウエンによって保護ホゴされた住居地域ジュウキョチイキからり、労働ロウドウ生活セイカツ両面リョウメン対応タイオウした近代性キンダイセイソナえていた。ガルニエは1904年以降ネンイコウ計画案ケイカクアン推敲スイコウツヅけ、全体計画以外ゼンタイケイカクイガイに、シティセンター、集会場シュウカイジョウ劇場ゲキジョウ病院ビョウイン学校ガッコウ競技場キョウギジョウ工場コウジョウそして数種類スウシュルイ住居ジュウキョブロックなどについてそれぞれ平面図ヘイメンズ棟静トウシズエガいた膨大ボウダイ設計セッケイ作成サクセイし、1917年『Une Cite Industrielle』ネンカッコとして出版シュッパンした。
ガルニエ,トニー Tony Garnier,1869〜1948
フランスの建築家ケンチクカ近代的キンダイテキ都市計画トシケイカク先駆者センクシャ。リヨンにまれ、ラ・ベドゥールでボツ。パリのエコール・デ・ボザールにマナび、1899ネンには工業都市計画案コウギョウトシケイカクアン同校ドウコウ最高賞サイコウショウであるローマショウけた。ローマ滞在中タイザイチュウもその研究ケンキュウツヅけ、1901ネンにはその総合ソウゴウエ計画ケイカクを、1904ネンには細部サイブ計画ケイカク発表ハッピョウ革新的カクシンテキ姿勢シセイシメした。1905〜19ネンリヨン市技師シギシとしてラ・ムーシュ公営コウエイトサツトシャサツジョウ、オリンピック競技場キョウギジョウなどを設計セッケイした。
ゾーニング zoning
@イチ都市計画トシケイカク建築計画ケンチクケイカクにおいて、ヒトつの地域全体チイキゼンタイまたは建築空間ケンチククウカン機能キノウ用途ヨウト法的規制ホウテキキセイなどを指標シヒョウとしてイクつかの小部分イクツカノショウブブンける作業サギョウまたは過程カテイ
A都市計画法トシケイカクホウでいう地域地区制チイキチクセイのこと。
サーキュレーション circulation
循環ジュンカン循環系ジュンカンケイ都市トシおよび建築内ケンチクナイでの人間ニンゲン活動カツドウたせるためのヒト物資ブッシ、エネルギー、情報ジョウホウなどのナガれとシステム。環境カンキョウ機能キノウ保持ホジする重要ジュウヨウ要素ヨウソである。各種カクシュ交通コウツウ上下水道ジョウゲスイドウ、ガス、電力デンリョク暖冷房ダンレイボウ電波デンパ有線ユウセンシステム、パイプラインなどがあるが、交通系をコウツウケイヲシしていることがオオい。
線状都市センジョウトシ linear city
線状センジョウ連続レンゾク発展ハッテンする都市トシ萌芽的ホウガテキなものとしては宿場町シュクバマチなどの街村マチムラフルくからあるが、近代都市キンダイトシとしての登場トウジョウは1882年にA.ネンニア。.ソリア イ マータの提案テイアンしたマドリード郊外コウガイ線状都市案センジョウトシアン最初サイショである。そのノチオオくの線状都市センジョウトシ提唱テイショウハあるいは計画ケイカクされた。そのオモなものとして、N.A.ミリューチンのスターリングラード(ゲンボルゴグラード)工場都市コウジョウトシ(1928〜33)、ル・コルビュジェのブリュッセル再建計画案サイケンケイカクアン(1919)、MARSグループのロンドン計画ケイカク(1938)、丹下健三タンゲケンゾウ東京計画案トウキョウケイカクアン(1961)などがある。線状都市センジョウトシ都市発展トシハンエンハッテン方向性ホウコウセイ限定ゲンテイされていること、およびその方向ホウコウタイしては理論的リロンテキには無限ムゲン発展ハッテン可能カノウであることが特徴トクチョウとなっており、巨大都市キョダイトシ秩序化チツジョカにとっては求心的キュウシンテキ都市形態トシケイタイマサるものとして提唱テイショウされている。「線形都市センケイトシ」「帯状都市オビジョウトシ」ともいう。
ソリア イ マータ Arturo Soria y Mata,1844〜1920
スペインの著述家チョジュツカ実業家ジツギョウカ科学者カガクシャ。サンタンデール ラグランジャにマナぶ。1882ネン、マドリードを環状カンジョウカコ線状都市案センジョウトシアン発表ハッピョウした。この都市トシハバ500mで、路面電車ロメンデンシャのある街路ガイロ沿って建設ケンセツされ、都市トシ集中シュウチュウカン防止策ボウシサクカンガえられていた。
ル・コルビュジェ Le Corbusier,1887〜1965
本名ホンミョウはシャルル・エドゥアール・ジャンヌレ(Charles Edouard Jeanneret)。スイスまれのフランスの建築家ケンチクカ画家ガカ。パリのA.ペレの事務所ジムショ建築構造ケンチクコウゾウマナび、次いでベルリンのP.ツイデベルリンノP。.ベーレンスの事務所ジムショ短期間働タンキカンハタラく。ハヤくからドミノシキ住宅ジュウタク提案テイアンして(1914〜15)、住宅ジュウタク量産化リョウサンカへの意欲イヨクシメすと同時ドウジに、都市計画トシケイカクアタラしい見解ケンカイ導入ドウユウスルドウニュウする(パリ改造計画カイゾウケイカク−ヴォワザン計画ケイカク、,1925)。1926ネン近代建築キンダイケンチクの5つの要点ヨウテン指摘シテキして、近代建築キンダイケンチクへの姿勢シセイカタめる。サヴォワテイ(1928〜30)、ジュネーヴ国際連盟会館計画案コクサイレンメイカイカンケイカクアン(1927)などはその思想シソウ具体化グタイカレイ。さらに、マルセイユのアパート(1947〜52)において、モデュロールのカンガえを適用テキヨウする。そのようなナガれのなかで、ロンシャンの教会キョウカイ(1950〜54)では、大胆ダイタン彫刻的チョウコクテキ形態ケイタイ実現ジツゲンして世界セカイ現代建築ゲンダイケンチク動向ドウコウオオきな影響エイキョウアタえる。1950ネン、インドのチャンディガールの新都市建設計画シントシケンセツケイカク顧問コモンとなり、壮大ソウダイ構想コウソウ具体化グタイカするほか、東京トウキョウ国立西洋美術館コクリツセイヨウビジュツカン(1959)を設計セッケイするなど、国際的コクサイテキ幅広ハバヒロ活躍カツヤクツヅけた。
コルビュジェの Plan de la ville de 3 millions d'habitants, Le Corbusier
300万人マンニン現代都市ゲンダイトシ 1922ネンパリ博覧会ハクランカイでコルビュジェが発表ハッピョウした理想都市案リソウトシアンミドリ太陽タイヨウちた都市トシというカレ理念リネン幾何学的キカガクテキパターンの愛着アイチャク反映ハンエイした計画ケイカク都市全体トシゼンタイ保護帯ホゴタイによってミドリナカ維持イジされる一方イッポウ人口密度ジンコウミツド同時ドウジ空地率クウチリツ周辺部シュウヘンブから都心部トシンブへとタカまっていくように計画ケイカクされている。中心チュウシン交通センターがありコウツウセンターガアリトシンブト都心部トシンブにはha当たり300アタリ300ー0ニン収容シュウヨウする60階建カイダてのオフィスビルが群立グンリツしているが、建坪率ケンペイリツは5%にさえている。周囲シュウイには8階建カイダての住宅シュウオグジュウタク広大コウダイ空地クウチナカ配置ハイチ(300人/ニン・ha,建坪率ケンペイリツ15%)され、郊外部コウガイブ独立住居ドクリツジュウキョからなる田園都市デンエントシとなっている。
コルビュジェの Plan Voisin, Le Corbusier
ヴォアザン計画ケイカク コルビュジェが計画案ケイカクアン「300万人マンニン現代都市ゲンダイトシ」でシメした理論リロンをパリ中心部チュウシンブ適用テキヨウした1925年発表ネンハッピョウ都市計画案トシケイカクアン。ノートルダム寺院ジインほか、わずかの歴史的建造物レキシテキケンゾウブツのみが保存ホゾンされ、ホカスベ更地サラチとして計画ケイカクしたもので、60階建カイダてのオフィスビルの幾何学的キカガクテキ配置ハイチアイまって近代主義的都市計画キンダイシュギテキトシケイカクカンガカタ典型テンケイシメしている。ヴォアザンは計画提示ケイカクテイジのスポンサーの名前ナマエ
コルビュジェの La Ville Radieuse, Le Corbusier
輝ける都市 @イチコルビュジェが1933ネンストックホルムの再開発計画サイカイハツケイカク国際コクサイコンペに提出テイシュツした計画案ケイカクアン地表面チヒョウメン開放カイホウし、空中クウチュウげた構想建築コウソウケンチク道路ドウロ機能区分明瞭ウクブンノメイリョウさが特徴的トクチョウテキである。
Aコルビュジェがカレ都市計画トシケイカクカンするカンガカタをまとめて出版シュッパンした著作チョサク。1935ネン初版ショハン
チャンディガール Chandigarh
インドのパンジャブシュウ州都シュウト当時トウジ首相シュショウネールに任命ニンメイされたル・コルビュジェが1951ネン基本計画キホンケイカク完成カンセイ計画人口ケイカクジンコウ50万人マンニンのこの新都市シントシ特徴トクチョウは、人体ジンタイのアナロジーといわれる格子状コウシジョウパターンを7段階ダンカイ機能キノウワケシけした道路網ドウロモウである。格子状コウシジョウのユニット(ヤク800m×1,200m,人口ジンコウ5,000〜20,000)はセクターとばれ、通過交通ツウカコウツウした生活環境セイカツカンキョウ考慮コウリョされている。
CIAM(シアム) Congres Internationaux d'Architecture Moderne
近代建築国際会議キンダイケンチクコクサイカイギリャク。1928ネンスイスのラサラの城館ジョウカンダイ回会議カイカイギヒラき、建築ケンチク社会的シャカイテキ経済的ケイザイテキキョクメン局面キョクメンにおいてとらえるという姿勢シセイ確認カクニンした。W.グロピウス,ル・コルビュジェをはじめとする近代建築キンダイケンチク開拓者達カイタクシャタチアツまり、S.ギーディオンが書記長ショキチョウツトめた。翌年ヨクネンのフランクフルト・アム・マインでのダイ回会議カイカイギのテーマは「最小限住宅サイショウゲンジュウタク」で、ダイカイ(1930)、ダイカイ(1933)、ダイカイ(1937)と、オモ住宅ジュウタク都市計画トシケイカクをテーマとして論議ロンギされた。とりわけダイ回会議カイカイギサイの「アテネ憲章ケンショウ」は、都市計画トシケイカク原則ゲンソクサダめたものとして有名ユウメイダイ10カイ会議カイギではCIAMの存続ソンゾク是非ゼヒ論議ロンギされ、ワカ世代セダイのグループ「チーム10」の要求ヨウキュウマエに、1959ネンニにはついに解散カイサンとなった。
アテネ憲章ケンショウ Charte d'Athenes
CIAMのダイ回会議カイカイギは、1933ネンにマルセイユとアテネ往復オウフク船上センジョウ都市計画トシケイカク原則ゲンソクサダめた。その成果セイカをアテネ憲章ケンショウという。都市計画トシケイカクカギ都市トシの4つの機能−キノウー居住キョジュウ労働ロウドウ、レクリエーション、交通−コウツウーミトめるカンガえにモトづいたもので、ノチにル・コルビュジェによって『Charte d'Athenes(1941ネン吉阪ヨシサカ隆正タカマサヤク:アテネ憲章ケンショウ)』としてまとめられた。
ピロティ pilotis(仏語フツゴ
@イチフランス建物タテモノササえるクイ
A建物タテモノ支持シジする独立柱ドクリツハシラ並ぶナラブキフキハナシナハナしの空間クウカン地上階チジョウカイ自動車ジドウシャ外部歩行者ガイブホコウシャ動線ドウセン解放カイホウするためにル・コルビュジェによって提唱テイショウされたもの。パリのスイス学生会館ガクセイカイカンなどがそのレイ
東京計画トウキョウケイカク1960 A Plan for Tokyo 1960
東京大学トウキョウダイガク建築学科丹下健三研究室ケンチクガッカタンゲケンゾウケンキュウシツが1960ネン発表ハッピョウした提案テイアンで、求心キュウシン放射ホウシャジョウガタ都市構造トシコウゾウ閉鎖性ヘイサセイ否定ヒテイして、都市軸トシジク概念ガイネン導入ドウニュウすることによって開放的カイホウテキ線形発展センケイハッテン可能カノウにするというもの。この都市軸トシジク既存キゾン都心トシン起点キテンとして南東ナントウには東京湾上トウキョウワンジョウ木更津キサラヅび、北西ホクセイには大宮オオミヤ、朝霞方面アサカホウメンタッする。
ブラジリア Brasilia
ブラジルの新首都シンシュト。L.コスタの設計セッケイモトづき、ジェットカタチ平面ヘイメンパターンをっている。この設計案セッケイアンは、ブラジル内陸部ナイリクブ開発カイハツのために、首都をリオデジャシュトヲリオデジャリオデジャネイロから地理的中心部チリテキチュウシンブウツそうとする意図イトのもとに、1956ネンオコナわれた公開コウカイコ競技設計キョウギセッケイで1トウとなったものである。ジェットキチュパターンの胴体ドウタイ政治的中枢セイジテキチュウスウチク、地域チイキツバサ部分ブブン住居地域ジュウキョチイキとなっている。遷都セントは1960ネンオコナわれたが、海岸線カイガンセンから1000kmもハナれた高原上コウゲンジョウ位置イチするマッタ人為的ジンイテキ都市トシであるだけに、遷都セント当初トウショ都市経済上問題トシケイザイジョウモンダイがあり、ブラジリア自体ジタイより隣接リンセツした仮設カセツ建設労働者住宅街ケンセツロウドウシャジュウタクガイホウ活気ホウガカッキテイするなど皮肉ヒニク現象ゲンショウもみられたが、現在ゲンザイ工業コウギョウ・サービスギョウ商業ショウギョウ定着テイチャクしつつある。
サヴォワテイ Villa Savoye 
設計セッケイ:ル・コルビュジェ。パリ北西郊外ホクセイコウガイポワッシーにつ。1928年着工ネンチャッコウ、1931年竣工ネンシュンコウカレのいう近代建築キンダイケンチクの5原則ゲンソク、すなわちピロティ、屋上庭園オクジョウテイエン水平連続窓スイヘイレンゾクマド自由ジユウ間仕切マジキ壁配置カベハイチ外壁ガイヘキ自由ジユウなデザインをモットタクみにかしてせた作品サクヒン。1カイはピロティをめぐらし車庫シャコ玄関ゲンカンホール、従業員諸室ジュウギョウインショシツのみとし、主室シュシツは2カイ配置ハイチ一部イチブはサンデッキとし、さらにランプと階段カイダンで3カイミチビき、客室キャクシツ屋上庭園オクジョウテイエンせる。鉄骨テッコツ主体シュタイとし、カベはコンクリートブロックのモルタル仕上シアげとして、マドサッシュなどはスチールをモチいる。
ゼツェッシオン Sezession(独語ドクゴ
分離派ブンリハ英語系エイゴケイでは「セセッション」とぶ。19世紀末セイキスエから20世紀セイキ初頭ショトウにかけて、ドイツ、オーストリアにオコった芸術ゲイジュツ革新運動カクシンウンドウで、そのオモ活動領域カツドウリョウイキ建築ケンチク工芸コウゲイ。その重要ジュウヨウ中心地チュウシンチはミュンヘン、ベルリン、ダルムシュタット、ウィーンなどで、それぞれの地域チイキにより結成ケッセイ時期ジキ運動ウンドウ内容ナイヨウ幾分異イクブイクブンコトなっているが、いずれにせよ、この運動ウンドウはアール・ヌーヴォーないしはユーゲントシュティールの影響エイキョウけながら、これをさらに20世紀的セイキテキ運動ウンドウへとススめようとしたものであり、建築ケンチクではトクにウィーンとダルムシュタットの運動ウンドウ注目チュウモクされる。