都市環境デザイン演習2
(Architectural and Environmental Design II)

受講対象年次

修士1年

開講学期

隔年前学期

単位数

選択2単位

担当教員名

三島 伸雄

教員居室

理工学部4号館3階

担当教員の連絡先

電話: 28-8703  e-mail: mishiman@cc.saga-u.ac.jp

【授業概要】
2課題を課して、都市デザインについて実践的に学び、かつ作品を作成する。第1課題では、都市デザインに関わる本の通読と発表を通じて都市デザインを考える。第2課題では、相互関係をもつ集合住宅群の設計をグループで行い、都市デザインの手法の提案を試みる。

【学習目標】
(1) 都市デザインの実践的な考え方を学び、理解する。
(2) 都市デザイン的な発想にたって自らの作品をつくる。

【授業計画】
第1課題:「都市デザインを考える」
都市デザインに関わる本を各自1冊通読し、発表する。毎回A版サイズで配布資料を用意すること。
対象とする本:都市デザイン論、建築家や都市デザイナーによる都市論、具体的な都市設計や地区設計に関するもの。
 第1回    オリエンテーション
 第2回    本を選んだ理由について
 第3回    本に記述されていることの概要について(目次など)
 第4〜6回  具体的内容について
 第7回    討論 〜都市デザインとは何か〜
         本を踏まえて都市デザインに対する自らの考えを発表する。
第2課題:「相互関係をもつ集合住宅群の設計」
履修者で2ないし3人のグループをつくり、隣接した2ないし3の敷地を設定し、集合住宅の設計を行う。ただし、グループ内でデザインに関わる何らかの約束事をつくること。色、高さ、形、その他何でもよいが、若々しいアイデアを求める。なお、設計にあたっては、当該敷地にかかっている土地利用規制も考慮すること。
 第8回    対象地とコンセプトの発表(図、コンセプト模型など)
 第9〜11回 エスキースチェック(建物概要の整理も含む)
 第12回   中間発表
 第13回   エスキースチェック
 第14回   発表

【テキスト】
 特になし
【参考書】
特になし

【成績評価方法】
成績は、第1課題および第2課題の成果をそれぞれ100点満点で評価し、平均した点数とする。

【備考・その他】(関連する科目,関連学習,履修上の注意,オフィスアワー,等について)
関連する科目として「都市デザイン論」があるので、履修者は受講すること。
オフィスアワーは火曜日9時〜12時とする。