建築都市デザイン演習1
(Exercise of Archtecture and Urban Design 1)

受講対象年次

都市工学科3年生

開講学期

前学期

単位数

選択2単位(コ占)

担当教員名

丹羽和彦・三島伸雄

教員居室

理工学部4号館3階

担当教員の連絡先

電話: 28-8570  e-mail: niwa@cc.saga-u.ac.jp

【授業概要】
都市の歴史的環境や自然的環境を生かした文化芸術施設や業務系複合施設等の設計を通じて、都市環境の改善に資する建築的提案を試みる。特徴のある敷地を対象とし、様々な要求を満足させながら、最終的に形態、空間にいたるまでを提案する。

【学習目標】
(1) 都市において良好な空間を形成している歴史的環境や自然環境と対象敷地との関係を考える力をつける。
(2) 都市環境の改善を図るための考え方を習得する。
(3) 設計の諸条件を満足させながら形態および空間的な提案までを行う力をつける。
(4) 短時間で図面をまとめることを体験し、その感覚をもつ。

【授業計画】
<第1課題:文化芸術施設>(丹羽)
与えられた条件の下で文化芸術施設の計画・設計を行い、都市における情報発信装置としての有り様の提案を行う。客席を有するホールや展示空間等の基本的構成や計画論を理解すると同時に、課題敷地の特性を把握し、(7週)

<第2課題:業務系複合施設>(未定)
河川などの自然に恵まれた地区を対象に、その自然環境を生かした空間の計画・設計を行う。人と自然との豊かな交流が行われるような場のあり方を提案する。(7週)

<第3課題:即日設計>(三島)
与条件を短時間で理解して図面にまとめる力を訓練することを目的として、即日設計を行う。(1週)

【テキスト・参考書】
各出題内容により指示するが、2年生設計演習に引き続き下記のものを用意すること。
  日本建築学会、「コンパクト建築設計資料集成」、丸善
 吉田研介著、「建築設計課題のプレゼンテーションテクニック(新訂版)」、彰国社

【成績評価方法】
各課題に対するエスキースの内容(25%)と最終的に提出された作品(75%)を評価する。成績は、第1課題、第2課題の提出物の各評点をもとにつける。ただし、各課題の中間発表会ならびに講評会に無断で欠席した場合には放棄と見なす。作品の内容や表現等が不十分な場合には、期限をあらためて再提出を要求する。3課題のうち1つでも提出されなかった場合は、最終評価を行わない。

【備考・その他】(関連する科目,関連学習,履修上の注意,オフィスアワー,等について)
コース占有科目として、コース履修者は必須の科目である。他の授業と異なり、作品づくりのために演習時間外の作業も必要である。
建築や環境デザインの作品等に数多く触れて、各自の設計能力を高めることが求められる。
オフィスアワーは指定した時間の他,余裕があれば随時行う。但し事前予約が望ましい。