ランドスケープデザイン
(Landscape Design)

受講対象年次

都市工学科3年生

開講学期

後学期

単位数

選択2単位

担当教員名

三島 伸雄

教員居室

理工学部4号館階

担当教員の連絡先

電話: 28-  e-mail: @cc.saga-u.ac.jp

【授業概要】
 ランドスケープデザインとは、土地(land)に対する人間の働きかけの結果として立ち現れる知覚像(scape)を安全で快適かつ文化的なものとするために行う創造的行為の総称であり、豊かな自然環境の保全と創造を図るとともに我々人間の営みの場である都市や地域における様々な環境を優れた風景としてデザインする行為である。本講義では、このようなランドスケープデザインに必要な基礎知識を体系的に習得することを目的とする。

【学習目標】
(1) ランドスケープデザインの概念と領域、ならびに基本的プロセスを理解する。
(2) ランドスケープデザインの基礎的理論と応用事例の知識を習得する。
(3) ランドスケープデザインの対象と方法に関する実践的知識を習得する。
(4) 建築等関連する諸分野とのコラボレーションに必要な知識を習得する。
(5) ランドスケープデザインの批評に必要な視点に関する知識を習得する。

【授業計画】<括弧>内は、各回の内容と宿題のタイトルである。
 第1週  ランドスケープデザインの概念と領域<トータルランドスケープ>
 第2週  エコロジカル・ランドスケープ(1)<自然の役割>
 第3週        〃       (2)<自然保護>
 第4週        〃       (3)<土地利用計画>
 第5週        〃       (4)<環境影響緩和>
 第6週  公園緑地のデザイン  (1)<公園・緑地の計画体系>
 第7週        〃    (2)<公園・緑地のデザインの視点>
 第8週        〃    (3)<緑の効用とプランティングデザイン>
 第9週  要素別のデザイン   (1)<ランドスケープ・ファーニチュア>
 第10週       〃    (2)<サイン>
 第11週 ランドスケープデザインを支える技術(1)<素材、アート>
 第12週       〃          (2)<コラボレーション>
 第13週 ランドスケープデザインを支える仕組み<社会制度>
 第14週 定期試験
 第15週 試験の解説
 

【テキスト・参考書】
 適宜プリントを配付する。参考書は適宜指示する。

 

【成績評価方法】
毎回講義終了時に宿題を課す。宿題は次回講義の冒頭に回収して解説する。宿題の提出をもって出席とする。2/3の出席をもって成績評価の対象とする。
最終成績は定期試験(8割)と出席点(2割)の配分で60点以上を合格とする。再試験は1回のみ行い、合否で判定する。

【備考・その他】(関連する科目,関連学習,履修上の注意,オフィスアワー,等について)
関連講義は「環境デザイン」「都市デザイン」「都市・地域計画学」などである。