都市トシデザインガク <用語ヨウゴ解説カイセツ
4.都市空間トシクウカンのデザイン
(1)広場ヒロバのデザイン
出典シュッテン 建築大ケンチクダイ辞典ジテン ダイハン」、ショウ国社クニシャ、1993
西洋建築セイヨウケンチク図集ズシュウ 三訂版サンテイバン」、日本建築学会編ニホンケンチクガッカイヘン彰国社ショウコクシャ、1981
広辞苑コウジエン 第四版ダイヨンハン」、新村ニイムライズルイヘン岩波書店イワナミショテン、1993
広場ヒロバ plaza, square
集会シュウカイ市場イチバ美観ビカン交通コウツウなどのためにモウけられる公共的コウキョウテキ空地クウチ公共建築コウキョウケンチクマエ道路ドウロ交差点コウサテンなど都市トシ空間シクウカン要所ヨウショモウけられる。フルくはギリシアのアゴラ、ローマのフォラムのように祭礼サイレイ式典シキテンであり、また市民シミン日常的ニチジョウテキ交歓コウカンであった。今日コンニチでもヨーロッパでは市民シミン日常生活ニチジョウセイカクセイカツのなかにまれ、コミュニティのコアを形成ケイセイしている。広場ヒロバは、その目的モクテキによって美観広場ビカンヒロバ記念広場キネンヒロバ集会広場シュウカイヒロバ市場広場イチバヒロバ駅前広場エキマエヒロバ交通広場コウツウヒロバ避難広場ヒナンヒロバ軍事広場グンジヒロバ村落広場ソンラクヒロバなどのオオくの種類にシュルイニブけられるが、複合的フクゴウテキ性格セイカクったものがオオく、その形態ケイタイ四角三角エン楕円ダエン半円ハンエン多角形タカクケイそのホカ不定形フテイケイなものなど様々サマザマである。
squareはヨンシュウイ街路ガイロカコまれた四角シカク広場ヒロバをいい、circleは円形広場エンケイヒロバをいう。circusは元来ガンライ円形エンケイ長円形チョウエンケイ)の興行場コウギョウバであり、円形広場エンケイヒロバをいう場合バアイオオい。
美観広場ビカンヒロバ scenic plaza
都市トシのオープンスペースとして、それ自体ジタイ観賞カンショウ対象タイショウともなるが、オオくは市庁舎シチョウシャ公会堂コウカイドウ教会キョウカイなどの公共コウキョウ建築コウキョウケンチク記念物キネンブツ装飾ソウショクするためにモウけられた広場ヒロバ市民シミン集会シュウカイなどにモチいられる場合バアイオオい。「修飾広場シュウショクヒロバ」「環境広場カンキョウヒロバ」「建築広場ケンチクヒロバ」ともいう。
集会広場シュウカイヒロバ ドク】Versammlungsplatz
政治的セイジテキ集会シュウカイ祭礼サイレイ儀式ギシキなどにモチいられる広場ヒロバ市民シミン意志イシ表示イシヒョウジ空間クウカンであり、また市民シミン団結力ダンケツリョクのシンボルともなる。クニによって市民広場シミンヒロバ人民広場ジンミンヒロバ社会主義諸国シャカイシュギショコク)などとコトなった名称メイショウっている。
交通広場コウツウヒロバ traffic circle, rotary, roundabout
交通流コウツウナガをさばくことを主たるシュタルh目的モクテキとした広場ヒロバ代表的ダイヒョウテキなものとして駅前広場エキマエヒロバがある。
エキ 列車レッシャ停止テイシさせ、旅客リョキャク乗降ジョウコウ貨物カモツオロシしをオコナうためにモウけられた施設シセツ。このうち旅客リョキャク貨物カモツアツカうためのシュたる建物タテモノエキ本屋ホンオクという。線路センロ形態ケイタイ輸送ユソウウエから終端シュウタンエキ中間駅チュウカンエキ分岐駅ブンキエキに、機能上キノウジョウから一般駅イッパンエキ旅客リョキャクエキ貨物カモツエキに、また、エキシャ立地リッチからヘイエキ地下チカエキハシウエエキ高架下コウカシタエキ分類ブンルイされる。
駅前広場エキマエヒロバ station square,  station plaza
鉄道テツドウエキsとその他交通機関ホカコウツウキカンとの中継施設チュウケイシセツとして鉄道駅前面テツドウエキゼンメン設置セッチされる広場ヒロバ交通結節点コウツウケッセツテンイチ都市トシ玄関ゲンカンとしてシンボル的空間テキクウカンとなる。広場ヒロバ街路ガイロとの関係カンケイから直行型チョッコウガタ並行型ヘイコウガタ複合型フクゴウガタがある。広場内施設ヒロバナイシセツとしては歩道ホドウ車道シャドウ、バスおよびタクシー乗降場ジョウコウバ自動車ジドウシャ自転車ジテンシャ駐車場チュウシャジョウ緑地リョクチなどがある。これらをムストクルマ動線ドウセン整理セイリモット重要ジュウヨウで、必要面積ヒツヨウメンセキ算定サンテイ諸施設ショシセツ配置設計ハイチセッケイエキマヒ前広場計画マエヒロバケイカク中心チュウシンとなる。
エキマエ広場ヒロバ計画ケイカク委員会イインカイシキ 1953(昭和ショウワ28)ネン都市計画、トシケイカク鉄道テツドウなどのカク専門家センモンカからなる駅前エキマエ広場ヒロバ研究会ケンキュウカイモウけられ、当時トウジ整備セイビみの30有余ユウヨエキママエ広場ヒロバ実態ジッタイ調査チョウサモト提案テイアンされた駅前エキマエ広場ヒロバ算定サンテイのための基準キジュンシキ電車デンシャエキ通勤ツウキンエキ)、汽車キシャエキ中小チュウショウ都市トシエキ)の2種類シュルイけられ、「28ネンシキ」ともいう。交通コウツウ機関キカン利用リヨウ特性トクセイ輸送ユソウ需要ジュヨウ多様化タヨウカエキ周辺シュウヘン土地トチ利用リヨウ変化ヘンカナドもあり、また広場ヒロバ面積メンセキ鉄道テツドウ乗降ジョウコウ人員ジンインのみの関数カンスウとして算出サンシュツしているテンにおいて制約セイヤクもあるが、都市トシ計画ケイカク行政ギョウセイ実務ジツムにおいて今日コンニチまでヒロモチいられている。
アゴラ agora 
古代コダイギリシア都市トシ広場ヒロバ政治セイジ経済上ケイザイジョウ中心地チュウシンチであり、普通フツウストア(列柱廊レッチュウロウ)でカコまれ、そのチカくには集会場シュウカイジョウ議場ギジョウ神殿シンデンなどがてられた。アテナイのアクロポリスのフモトにあるアゴラはそのレイ
フォルム forum
(フォーラム) 古代コダイローマ都市トシ公共コウキョウ広場ヒロバ商業ショウギョウ取引トリヒキジョジョウ集会場シュウカイジョウとして使ツカわれたもので、それにセッしてオオくの公共コウキョウ建築ケンチクてられた。フォルム・ロマーヌムはハヤくから政治上セイジジョウ宗教上シュウキョウジョウ中心チュウシンとしてカタチヅクづくられた壮大ソウダイレイとして有名ユウメイ
シニョリーア広場ヒロバ Piazza della Signoria、フィレンツェ、イタリア
今日においてもフィレンツェの政治的セイジテキバ中心チュウシンでありツヅけている広場ヒロバ。ヴェッキオ宮殿キュウデンとシニョリーア柱廊ハシラロウカ(ロッジア)によって美しくウツクシクカ形作カタチヅクられている。ロッジアにはオオくの彫像チョウゾウがあり、彫刻作品チョウコクサクヒン野外美術館ヤガイビジュツカンになっている。広場中心ヒロバチュウシンチカくにはワカいコシモの騎士像キシゾウがあり、ヴェッキオ宮殿のキュウデンノコカドにはネプチューンのイズミがある。ヴェッキオ宮殿キュウデンマエには、ドナテッロによる有名ユウメイなジュディスとホロフェルネスのブロンズゾウや、ミケランジェロのダビデゾウ複製フクセイがある。
シエナ市庁舎シチョウシャ Palazzo Publico、シエナ、イタリア、1298〜1681ネン
カンポの広場ヒロバ この市庁舎シチョウシャはローマ時代ジダイ劇場ゲキジョウのあった半円形ハンエンケイ盆地状広場ボンチジョウヒロバ舞台側にブタイガワニ129881298〜1310ネンごろてられた。14世紀セイキ牢獄ロウゴク(1327)、大会議室ダイカイギシツ(1332〜42)とタカさ116mの鐘塔カネトウ(1325〜48)を、1681ネン市庁舎のシチョウシャノセ西翼ニシツバサの3カイ増築ゾウチクした。マチ主要道路シュヨウドウロ市庁舎シチョウシャのある広場ヒロバから放射状ホウシャジョウ配置ハイチされており、広場ヒロバメンする建物タテモノ都市景観上トシケイカンジョウ市庁舎シチョウシャジュンじた外観ガイカンとするように当時トウジすでに規制キセイされていた。
サン・マルコ広場ヒロバ Piazza di San Marco、ヴェニス、イタリア、11〜16世紀セイキ
ヒガシにサン・マルコ大聖堂ダイセイドウ西ニシmミナミキタ官庁建物カンチョウタテモノ(16〜19世紀初期セイキショキ)を配置ハイチした大広場オオヒロバと、東側ヒガシガワ西側ニシガワ図書館トショカン総督宮ソウトクキュウ南側ミナミガワ大運河ダイウンガをひかえた小広場ショウヒロバ形成ケイセイされたサン・マルコ広場ヒロバは、欧州オウシュウモットウツクしいモニュメンタルな広場ヒロバである。
カミロ・ジッテ Camillo Sitte、1843〜1903
オーストリアの建築家ケンチクカ都市計画トシケイカクカカイエ。ウィーンにまれる。父親チチオヤより建築家ケンチクカとしての教育キョウイクけウィーン工科大学コウカダイガクマナび、卒業後父親ソツギョウゴチチオヤトモ建築ケンチクタズサわる。1875ネンザルツブルクの国立工芸学校コクリツコウゲイガッコウ教授キョウジュ。1883年ウィーンの国立工芸学校ネンウィーンオコクリツコウゲイガッコウ初代校長ショダイコウチョウ建築ケンチク都市計画トシケイカク装飾美術ソウショクビジュツ工業コウギョウデザインの分野ブンヤ活躍カツヤク。1901ネンベルリンで雑誌『Der Staedtebau(都市計画)』ザッシカッコ創刊ソウカン都市計画トシケイカクにおける実用性ジツヨウセイ芸術ゲイジュツ問題モンダイについてロンじた。当時トウジゲG.E.オースマンのパリ改造計画実現カイゾウケイカクジツゲン影響エイキョウによって構造的骨格コウゾウテキコッカクテキ部分ブブン優先ユウセンさせる、いわゆるバロック都市計画トシケイカク主流シュリュウめる傾向ケイコウノナカデのなかで、中世都市チュウセイトシトクにその広場ヒロバつヒューマンスケールを回復カイフクシヨウしようと努力ドリョクした。「芸術的ゲイジュツテキ原理ゲンリソクした都市計画トシケイカク"Der Staedtebau nach seinen kuenstlerichen Grundsaetzen"(大石オオイシ敏雄トシオワヤク広場ヒロバ造形ゾウケイ鹿島カシマ出版シュッパンカイ)」は都市トシデザインの必読書ヒツドクショ
ポケット パーク pocket park
街路ガイロ沿道エンドウ整備セイビされたショウ公園コウエン沿道エンドウ再開発サイカイハツ都市計画道路トシケイカクドウロ用地買収後ヨウチバイシュウゴ緑地リョクチ交差点改良時コウサテンカイリョウジショウじるデッドスペースを利用リヨウしたものがオオい。アメリカのペイリーズベストポケットパーク(ベストのポケットにハイってしまうほどチイさいという意味イミ)などがそのモデルである。
動線ドウセン traffic line
建築ケンチク空間クウカンにおけるヒトモノなどの運動ウンドウ軌跡キセキ。つまり運動量ウンドウリョウ方向ホウコウ時間ジカン変化ヘンカなどをシメしたセン
動線ドウセン計画ケイカク flow planning
建築ケンチク都市トシ設計セッケイ計画ケイカクにおいて、ヒトクルマなどのウゴきを分析ブンセキ検討ケントウ操作ソウサすることによって最適サイテキ動線ドウセンようとする計画ケイカク設計セッケイ基礎キソ作業サギョウヒトつで、一般イッパンには動線ドウセンナガさを短縮タンシュクし、異質イシツ動線ドウセン交錯コウサクさせないように計画ケイカクされる。
公開空地コウカイクウチ 総合設計制度ソウゴウセッケイセイド適用テキヨウによって確保カクホされる民地内ミンチナイ空地クウチで、その有効面積ユウコウメンセキによって容積率ヨウセキリツリョウまる。タンなるではなく、歩行者ホコウシャ危険キケンナクキケンなく自由ジユウ通行ツウコウ利用リヨウでき、空間クウカンンとしてのまとまりと道路ドウロへの公開性のコウカイセイノマあるものが公開空地としてコウカイクウチトシテモミトめられる。
総合設計制度ソウゴウセッケイセイド 敷地規模シキチキボ大きくオオキクシ敷地内シキチナイ広場等公開空地ヒロバナドコウカイクウチユウし、建築物ケンチクブツ形態ケイタイ良好リョウコウ建築計画ケンチクケイカクについて通常ツウジョウ建築規制ケンチクキセイえて総合的ソウゴウテキ性能評価セイノウヒョウカ建築ケンチクミトめる制度セイド建築基準法第ケンチクキジュンホウダイ59ジョウの2により特定行政庁トクテイギョウセイチョウ建築審査会ケンチクシンサカイ同意をドウイヲテ許可キョカするもので、容積率制限ヨウセキリツセイゲン斜線制限シャセンセイゲンシャセイセンゲンナド一般基準イッパンキジュンえてユルされる。
アトリウム atrium
?イチアメリカの誘導地域ユウドウチイキセイセイ日本ニホン総合設計制度ソウゴウセッケイセイド特定街区トクテイガイクナドノなどの要件ヨウケンとなる公開空地のコウカイクウチノウイウうち建物内部タテモノナイブ屋根ヤネかった広場状空地ヒロバジョウクウチのこと。「屋根付ヤネツきプラザ」「内部公開空地ナイブコウカイクウチ」ともばれる。
?古代ローマ都市の住宅における主要シュヨウ広間。4側面の屋根は内側に傾斜し、中央に天窓を開く。床は石で舗装され、中央に雨水を受けるインプルヴィウム(長方形の池)を設ける。ポンペイの遺跡などに多くの例が見られる。
?サン屋根ヤネかった前庭マエニワ中庭ナカニワのこと。トクにガラス屋根ヤネなどにより十分ジュウブン自然採光シゼンサイコウ確保カクホした広場状ヒロバジョウ空間クウカン
容積率ヨウセキリツ floor area ratio
建物タテモノノ面積メンセキ敷地面積シキチメンセキあるいは地区チクタイする割合ワリアイで、一般イッパン分母ブンボオブンボを10とする分数ブンスウまたは百分率ヒャクブンリツアラワす。都市計画区域内トシケイカククイキナイ容積率ヨウセキリツ制限値セイゲンアタイは40/10(400%)、用途地域内ヨウトチイキナイ用途地域ヨウトチイキ種別シュベツオウじて建築基準法ケンチクキジュンホウサダめられたアタイのうちから都市計画トシケイカク指定シテイすることになっている。
斜線制限シャセンセイゲン 都市計画区域トシケイカククイキナイニオイテナナイにおいて建築物ケンチクブツタカさの限度ゲンド規定キテイする制限セイゲンイチ建築物ケンチクブツタカさは、原則ゲンソクとしてマエ面道路ゼンメンドウロ反対側ハンタイガワ境界線キョウカイセンまでの距離キョリ比例ヒレイしたタカさを限度ゲンドとする。この斜線シャセンエイゲンエ道路ドウロからナナめに建築可能ケンチクカノウ範囲ハンイ規定するのでキテイスルノデサ斜線制限シャセンセイゲンといわれる。道路斜線ドウロシャセン隣地斜線リンチシャセン北側キタガワシャセンナ斜線シャセンなどがある。
新宿副都心計画シンジュクフクトシンケイカク 都心機能トシンキ都心部ウノトシンブへの過度集中カドシュウチュウけて、副都心フクトシン整備するためのセイビスルタメノト地区再開発計画チクサイカイハツケイカク。1960ネン首都圏整備委員会シュトケンセイビイインカイ整備事業セイビジギョウ決定ケッテイし、同年東京都都市計画ドウネントウキョウトトシケイカク決定ケッテイ新宿駅西側シンジュクエキニシガワ浄水場跡地34haジョウスイジョウアトチ34ハ中心チュウシン周辺地区シュウヘンチクフクめると約96haヤク96ハになる。業務施設用地ギョウムシセツヨウチ旧浄水場キュウジョウスイジョウ中心チュウシンに11街区ガイク造成ゾウセイ都市計画トシケイカク準拠ジュンキョした跡地利用アトチリヨウ条件ジョウケンをつけて1969ネンまでに売却バイキャクされた。1971年用地ネンヨウチ購入コウニュウした企業キギョウシャシャは「新宿副都心開発協議会シンジュクフクトシンカイハツキョウギカイ」をつくり建築協定ケンチクキョウテイ締結テイケツし、建設ケンセツ開始カイシした。1991年丹下健三ネンタンゲケンゾウ設計セッケイによる新都庁舎シントチョウシャ最後サイゴに、すべての街区ガイク建物タテモノgア完成カンセイし、「新都心シントシン」となった。