都市トシデザイン <用語ヨウゴ解説カイセツ
3.都市トシクウカンデザインのプロセス
都市トシ文脈トシブンミャク解読カイドクし、地域チイキ建築ケンチクをデザインする
出典シュッテン 建築大ケンチクダイ辞典ジテン ダイハン」、ショウ国社クニシャ、1993
広辞苑コウジエン 第四版ダイヨンハン」、新村ニイムライズルイヘン岩波書店イワナミショテン、1993
文脈ブンミャク、コンテクスト context
文章ブンショウ前後ゼンゴ脈絡ミャクラク建築ケンチクでは、コンテクスチュアリズムの立場タチバモトづいてられるべき環境カンキョウ全体ゼンタイもしくは部分的ブブンテキ特徴トクチョウ。あるいはその構造コウゾウ具体的グタイテキには、方位ホウイ地形チケイ水系スイケイ植生ショクセイ街路ガイロパターンなどの空間クウカン基盤キバン構造コウゾウおよび都市トシ全体ゼンタイからみた建築ケンチク位置イチ建築ケンチク様式ヨウシキ建築群ケンチクグン特性トクセイなどがコンテクストを規定キテイする。
コンテクスチュアリズム contextualism
現代のゲンダイノ建築ケンチクイチ思潮シチョウ建築家ケンチクカは、既存キゾン環境カンキョウからった空間クウカンのコンテクストもしくはそのエッセンスを建築ケンチク反映ハンエイさせるべきだとする。近代建築キンダイケンチクを、それが周辺シュウヘン環境カンキョウムエン関係カンケイ造形ゾウケイ論理ロンリ建築ケンチク内的ナイテキ要請ヨウセイのみを強調キョウチョウし、既存キゾン環境カンキョウへの連続性レンゾクセイ軽視ケイシしてきたとして批判ヒハンする。
重層ジュウソウ いくえにもカサなる様子ヨウス
空間クウカン space
?クニでは、伝統的デントウテキにはモノモノとのアイダナニ知覚チカクされないヒロがり。
?科学的カガクテキまたは哲学的テツガクテキ述語ジュツゴとしてのspaceの訳語ヤクゴ
?物質ブッシツ世界セカイ構成コウセイしている無限ムゲン不可分フカブン三次元サンジゲン連続体レンゾクタイ第四次元ダイヨジゲンとしての時間ジカン不可分フカブン関係カンケイにある。
?景観ケイカンロンにおいて、景観ケイカンタイ空間クウカンという場合バアイは、観察者カンサツシャ中心チュウシンとして接触セッショク操作ソウサ可能カノウ距離キョリニにある地物チブツ仕切シキられた三次元的サンジゲンテキ範囲ハンイすことに重点ジュウテンがおかれる。そこでは観察者カンサツシャ地物チブツ、または地物チブツ相互ソウゴ奥行オクユ関係カンケイ比較ヒカクテキ正確セイカク把握ハアクできる。空間クウカンタイシして景観ケイカンという場合バアイは、対象タイショウ中心チュウシンとして、奥行オクユ関係カンケイ正確セイカク把握ハアクしにくい距離キョリニにある地物チブツグンの、構図コウズ論的ロンテキ関係カンケイすことに重点ジュウテンがおかれる。
空間クウカン構成コウセイ construction of space
センメンそのホカ造形的ゾウケイテキ要素ヨウソ組みクミアゲわせることにより、一定イッテイ空間的クウカンテキ造形物ゾウケイブツをつくりげること。自然シゼン再生サイセイ退シリゾけて、空間クウカン構成コウセイまたは空間クウカンにおける構成コウセイ主張シュチョウした構成コウセイ主義シュギ作家サッカたちの作品サクヒンは、その代表的ダイヒョウテキレイ。このような造形的ゾウケイテキアプローチは近代キンダイ建築ケンチクにもオオきな影響エイキョウアタえた。タトえばミース・ファン・デル・ローエの作品サクヒン、また、今日コンニチでは空間構成クウカンコウセイはデザイン教育キョウイクジョウ基礎造形キソゾウケイないしベイシック・デザインの重要ジュウヨウ一分野イチブンヤられる場合バアイオオい。
事業ジギョウ project
?社会的シャカイテキオオキきな仕事シゴト。「慈善ジゼン〜」
?一定イッテイ目的モクテキ計画ケイカクとにモトづいて経営ケイエイする経済的ケイザイテキ活動カツドウ
事業ジギョウ区域クイキ project area
?一般イッパン都市整備トシセイビ事業ジギョウ開発カイハツ事業ジギョウ建築ケンチクなど実際ジッサイニ事業ジギョウオコナ直接チョクセツ区域クイキ
?都市計画トシケイカク事業ジギョウとしてミトカノウナドけた区域クイキ。(都市トシ計画ケイカクホウダイ9ジョウ
マチなみ環境カンキョウ整備セイビ事業ジギョウ 国土コクド交通省コウツウショウ所管ショカン住環境ジュウカンキョウ整備セイビ
狭隘キョウアイ道路ドウロ集合シュウゴウナドニにより幅員フクイン4m未満ミマン道路ドウロにしかセッしない住宅ジュウタクミセツドウセッミチ住宅ジュウタク集合シュウゴウする地区チク住宅ジュウタク基盤キバン施設シセツ一定イッテイ以上イジョウ水準スイジュンニにはあるものの、なお一層イッソウ整備セイビヨウする市街地シガイチ中間的チュウカンテキ住環境ジュウカンキョウ水準スイジュン地区チク)、マタは、条例ジョウレイナドにより景観ケイカン形成ケイセイハカるべきこととされている区域クイキについて、ゆとりとうるおいある住宅ジュウタク地区チク形成ケイセイのため、地方チホウ公共コウキョウ団体ダンタイ生活セイカツ道路ドウロ通路ツウロ緑道リョクドウ・ポケットパークナド整備セイビ景観ケイカン形成ケイセイオコナうとともに、住民ジュウミンナドによるマチづくり協定キョウテイモトづく住宅ジュウタクナド整備セイビあるいは適正テキセイ維持イジ保全ホゼンナド促進ソクシンし、官民カンミン一体イッタイとなったゆとりとうるおいのある住宅地ジュウタクチ形成ケイセイハカ事業ジギョウ
協定キョウテイ ?協議キョウギして決定ケッテイすること。相談ソウダンしてめること。また、そのめた事柄コトガラ
?条約ジョウヤク(agreement)の一種イッシュ狭義キョウギ条約ジョウヤク本質ホンシツジョウコトならず、効力コウリョクわらない。
マチづくり協定キョウテイ 限定ゲンテイされた地域チイキにおいて、住民ジュウミンなどの集団シュウダンめる、マチづくりにカンする約束事ヤクソクゴト。しかし、法的ホウテキ根拠コンキョがないので強制力キョウセイリョクなどはない。
鹿島カシマ肥前ヒゼンハマ宿シュクまちづくり協定書キョウテイショ差額羅サガクラドオりおよびその周辺シュウヘン地区チク)では、その歴史的レキシテキ町並マチナ景観ケイカン保全ホゼンオヨ居住キョジュウ環境カンキョウ整備セイビ改善カイゼンハカることを目的モクテキとして、伝統的デントウテキ家屋カオク修理シュウリ復原フクゲン活用カツヨウハカること、伝統デントウ家屋カオク周囲シュウイ伝統家屋デントウカオク景観ケイカンソコなわないよう配慮ハイリョすること、建築ケンチク設備セツビルイはできるだけカクすこと、などをサダめている。
居住キョジュウ環境カンキョウ整備セイビ 既成キセイ市街地シガイチ居住環境キョジュウカンキョウタイしてオコナ地区改善チクカイゼン地区チク修復シュウフクガタ市街地シガイチ更新コウシンのこと。既成市街地キセイシガイチ質的シツテキ水準スイジュン向上コウジョウをめざした施策シサク再評価サイヒョウカされ、コミュニティづくりとわせて重要ジュウヨウ課題カダイニになってきている。
居住環境キョジュウカンキョウ整備セイビにおける物的ブッテキ計画原理ケイカクゲンリ構成コウセイシステムのカンガカタについての基本的キホンテキ事項ジコウは、以下イカトオりである。まず「地区チク構成コウセイ」にタイしては、?地域チイキ再構成サイコウセイする、?街路ガイロ再構成サイコウセイする、?歩行者ホコウシャ空間系クウカンケイ確立カクリツする、?コミュニティ施設シセツ構成コウセイする、?住宅ジュウタク改善カイゼンする、という5テンから改善カイゼン主導シュドウガタ居住環境キョジュウカンキョウ整備セイビ計画ケイカク展開テンカイススめることも必要ヒツヨウである。ダイニニ2に、この計画ケイカク実現ジツゲンするための「整備セイビ手法シュホウ」について、?街路ガイロ利用リヨウオ、?交通コウツウ規制キセイ、?コミュニティ施設シセツ計画ケイカク、?緑化リョッカ、?町並マチナみ・建物タテモノ保全ホゼン、?建築ケンチクのコントロール、?ミニ再開発サイカイハツ、?スポットクリアランスというから整備体系セイビタイケイ確立カクリツすることがカンガえられる。
誘導ユウドウ手法シュホウ 都市計画トシケイカク地区チク計画ケイカク実現ジツゲン手法シュホウイチ類型ルイケイ計画ケイカクニソクした開発カイハツオコナった場合バアイニに、規制キセイ緩和カンワ措置ソチ減免ゲンメンゼイ措置ソチ低利テイリ融資ユウシそのホカ優遇ユウグウ措置ソチコウずることで、開発者カイハツシャ自発的ジハツテキ選択センタク結果ケッカとして計画ケイカク意図イト実現ジツゲンハカろうとする手法シュホウ計画ケイカク実現ジツゲン手法シュホウとしてこのほかに、計画ケイカクニハンする開発カイハツ禁止キンシする規制キセイ手法シュホウ計画ケイカク主体シュタイ直接チョクセツ主導シュドウして計画ケイカクソクした開発カイハツオコナ事業手法ジギョウシュホウがある。