都市トシデザイン <用語ヨウゴ解説カイセツ
2.都市トシデザインのちとその系譜ケイフ
都市トシデザインの系譜ケイフ
出典シュッテン参考サンコウ 建築大ケンチクダイ辞典ジテン ダイハン」、ショウ国社クニシャ、1993
相田アイダタケフミブン土屋ツチヤ和男カズオ、「都市トシデザインの系譜ケイフ」、鹿島カシマ出版シュッパンカイ、1996
オースマン Georges Eugene Haussman,1809〜1891
パリまれの行政官ギョウセイカン都市計画家トシケイカクイエ。ナポレオン3セイシタでセーヌ県知事ケンチジとなり(1853〜70)、パリ都市トシケイカウ改造カイゾウ大胆ダイタン実施ジッシした。橋梁キョウリョウ建設ケンセツ大通オオドオり、広場ヒロバ整備セイビなど、この計画ケイカク基本的キホンテキ軍事上グンジジョウ交通上コウツウジョウ要求ヨウキュウコタえたものであるが、同時ドウジに、記念キネン建造物ケンゾウブツ見通ミトオしの効果コウカツヨめるもので、それによって相貌ソウボウ決定ケッテイされた。都市トシノギジュテキギ技術的ギジュツテキ問題モンダイとしてアツカったのはカレハジまる。
オースマンの Haussman's projected transformation of Paris
パリ改造計画 1853ネンから1869ネンアイダにパリでオコナわれた都市計画トシケイカク。バロック都市計画トシケイカク典型例テンケイレイとして有名ユウメイ計画ケイカク概略ガイリャクはナポレオン3セイによってエガかれていたが、オースマンの精力的セイリョクテキ仕事シゴト決断力ケツダンリョクがなければ何一ナニヒト実現しなかったジツゲンシナカッタダであろうとされている。
P. ゲデス Patrick Geddes (1854-1932)
イギリスの社会シャカイ生物セイブツ学者ガクシャ都市計画トシケイカク先駆者センクシャ一人ヒトリ自然科学者シゼンカガクシャとしての訓練クンレンけたが、生物学セイブツガク地理学チリガク社会学シャカイガク視点シテンから都市トシ有機ユウキテキカラダ、それをフク地域チイキをその生息地セイソクチとみなした地域チイキ調査チョウサおよび研究ケンキュウトオして次第シダイ都市計画トシケイカク関与カンヨしていった。カレ進化論的シンカロンテキ都市論トシロンは、その展示会テンジカイがパリナドヒラかれ、『CITYIES IN EVOLUTION 進化する都市(1915)』として出版シュッパンされた。カレはこのなかで、正確セイカク統計トウケイ資料シリョウモトづく科学的カガクテキ都市計画トシケイカク技術ギジュツ必要性ヒツヨウセイき、当時トウジ官庁カンチョウ都市計画トシケイカクオオきな影響エイキョウアタえた。1914-24ネンにはインドやパレスチナで実際ジッサイ都市計画トシケイカク参画した。
ハワードの田園都市デンエントシ garden city
大都市ダイトシ工業コウギョウ集積シュウセキ人口ジンコウ集中シュウチュウススみ、都市問題トシモンダイ顕在化ケンザイカした19世紀末セイキスエに、E.ハワードが提案テイアンした計画都市概念ケイカクトシガイネン(『明日アス田園都市』デンエントシカッコ,1899)。都市生活トシセイカツ田園生活デンエンセイカツトモ享受キョウジュできるよう、土地トチ私的所有シテキショユウ制限セイゲン都市トシ変化ヘンカ計画的制御ケイカクテキセイギョ都市規模トシキボ限定ゲンテイなどの主張シュチョウっていた。ハワードの主張シュチョウは1898ネン結成ケッセイされた田園都市協会デンエントシキョウカイがれ、国際的コクサイテキ運動ウンドウ発展ハッテンした。
近隣住区キンリンジュウク neighbourhood unit
都市トシ計画単位ケイカクタンイイチ住宅地ジュウタクチにおいて、居住者キョジュウシャ日常生活上ニチジョウセイカツジョウ社会的シャカイテキ要求ヨウキュウ物的ブッテキ要求ヨウキュウ充足ジュウソクさせるためにモウけられる単位タンイ学校ガッコウ店舗テンポ公園コウエンなどのコミュニティ施設シセツソナえ、クニでは小学校ショウガッコウ中心チュウシンに8,000〜10,000ニン単位タンイとなる。1920年代ネンダイC.A.ペリーが提唱テイショウしたのがハジめといわれ、G.フェーダーの研究ケンキュウおよび提案テイアンなどによって裏付ウラヅけられた。住宅地計画上重要ジュウタクチケイカクジョウジュウヨウ概念ガイネンとされている。
近隣住区単位の特徴は以下のようである。(1)規模:小学校1戸を必要とする人口に対応し、その面積は人口密度によって変化する。(2)境界:住区は周囲を幹線道路で区切り、通過交通を排除する。(3)オープンスペース:小公園とレクリエーションスペースの体系を持つ。(4)公共施設用地:学校その他の用地は住区の中央部か公共用地の周囲に設ける。(5)店舗地区:住区に1カ所以上で、住区周辺、道路の交差点、隣接住区の店舗地区付近に設ける。(6)内部街路体系:住区内幹線道路を設け、通過交通を排除する。
ガルニエの工業都市計画コウギョウトシケイカク Garnier's industrial town
1901〜04ネンにかけてT.ガルニエが設計セッケイした工業都市案コウギョウトシアン。バロック的都市計画テキトシケイカク克服コクフクした最初サイショ都市計画トシケイカクといわれる。フランス南東部ナントウブ想定ソウテイされたこの工業都市コウギョウトシ計画人口ケイカクジンコウ35,000、鉄道テツドウカワアイダにまとめられた工業地域コウギョウチイキと、公園コウエンによって保護ホゴされた住居地域ジュウキョチイキからり、労働ロウドウ生活セイカツ両面リョウメン対応タイオウした近代性キンダイセイソナえていた。ガルニエは1904年以降ネンイコウ計画案ケイカクアン推敲スイコウツヅけ、全体計画以外ゼンタイケイカクイガイに、シティセンター、集会場シュウカイジョウ劇場ゲキジョウ病院ビョウイン学校ガッコウ競技場キョウギジョウ工場コウジョウそして数種類スウシュルイ住居ジュウキョブロックなどについてそれぞれ平面図ヘイメンズ棟静トウシズエガいた膨大ボウダイ設計セッケイ作成サクセイし、1917年『Une Cite Industrielle』ネンカッコとして出版シュッパンした。
コルビュジェの Plan de la ville de 3 millions d'habitants, Le Corbusier
300万人マンニン現代都市ゲンダイトシ 1922ネンパリ博覧会ハクランカイでコルビュジェが発表ハッピョウした理想都市案リソウトシアンミドリ太陽タイヨウちた都市トシというカレ理念リネン幾何学的キカガクテキパターンの愛着アイチャク反映ハンエイした計画ケイカク都市全体トシゼンタイ保護帯ホゴタイによってミドリナカ維持イジされる一方イッポウ人口密度ジンコウミツド同時ドウジ空地率クウチリツ周辺部シュウヘンブから都心部トシンブへとタカまっていくように計画ケイカクされている。中心チュウシン交通センターがありコウツウセンターガアリトシンブト都心部トシンブにはha当たり300アタリ300ー0ニン収容シュウヨウする60階建カイダてのオフィスビルが群立グンリツしているが、建坪率ケンペイリツは5%にさえている。周囲シュウイには8階建カイダての住宅シュウオグジュウタク広大コウダイ空地クウチナカ配置ハイチ(300人/ニン・ha,建坪率ケンペイリツ15%)され、郊外部コウガイブ独立住居ドクリツジュウキョからなる田園都市デンエントシとなっている。
ゴードン・カレン Gordon Cullen
イギリスの景観ケイカンデザイナー。イラストレーター、博覧会ハクランカイデザイナーをて、第二次ダイニジ大戦後タイセンゴアーキテクチュラル・レビューフク編集者ヘンシュウシャとなる。1956ネン以後イゴはタウンスケープ・コンサルタントとして活躍カツヤクしている。カレンがアーキテクチュアル・レビューにタウンスケープロン発表ハッピョウハジめたのは1947ネンのことだが、1961ネンには一連イチレン論文ロンブン整理セイリ補足ホソクされ、TOWNSCAPEとして出版シュッパンされた。カレは、タウンスケープを定義テイギして「ヒトつの建物タテモノ建築ケンチクだが、フタつの建物タテモノはタウンスケープである」とべ、フィジカルな環境カンキョウ人々ヒトビト同様ドウヨウ都市的トシテキ性格セイカクをもち、その場所バショ独自ドクジ生活セイカツ付与フヨすべきことを示唆シサしている。それは国土の破壊と都市の混乱をまえに困惑の度を深めていた人々の間に大きな反響を呼んだ。
タウンスケープ イギリスのゴードン・カレンを代表ダイヒョウとするグループ。カレらの仕事シゴト一貫イッカンしているのは、それぞれの都市トシ固有コユウ空間トシクウカン継承ケイショウし、デザイン原理ゲンリとして抽出チュウシュツし、現代ゲンダイ集合体シュウゴウタイ設計セッケイ役立ヤクダてようという態度タイドである。これは、アメリカ・オレゴン大学ダイガクハジまりクニでも多数タスウ建築家ケンチクカ大学ダイガク研究室ケンキュウシツオコナわれた「デザインサーヴェイ」にも共通キョウツウする視点シテンである。すなわち、1)伝統的デントウテキ町並マチナみや小規模ショウキボ集落シュウラクなど、ヴァナキュラーな建物群タテモノグン対象タイショウとし、2)それまでの建築ケンチク研究ケンキュウ平面ヘイメン中心チュウシン主義シュギハハ主義シュギマヌガれ、立面リツメン平面ヘイメン対等タイトウアツカい、母屋オモヤ付属屋フゾクヤ対等タイトウアツカい、建築物ケンチクブツ敷地シキチおよび道路ドウロとの関係カンケイトラえるところにある。
ケヴィン・リンチ Kevin Linch (1918〜84)
アメリカの都市トシ計画ケイカク。1937〜39ネン、タリアセンでF.L.ライトに師事シジする。1947ネン、マサチューセッツ工科コウカ大学ダイガク都市計画トシケイカク専攻センコウ学位ガクイ取得シュトク。1948〜78ネン同校ドウコウにて敷地シキチ計画ケイカク都市計画トシケイカク講座コウザつ。都市トシ空間クウカン視覚的シカクテキ構造コウゾウによって秩序チツジョづけようとする立場タチバっており、G.ケペシュとの都市計画トシケイカクカンする共同キョウドウ研究ケンキュウのほか、『The Image of the City (1960),丹下健三タンゲケンゾウ富田トミタ玲子レイコヤク都市トシのイメージ』、『Site Planning (1962),前野マエノ淳一郎ジュンイチロウ佐々木ササキヒロシヤク敷地シキチ計画ケイカク技法ギホウ』などの著書チョショがある。
都市トシのイメージ K.リンチが同名ドウメイ著書においてチョショニオイテシ提示テイジした概念ガイネン各都市カクトシにはオオくの人々ヒトビト共通キョウツウイダくパブリックイメージが存在ソンザイするとし、そのイメージの認知ニンチサされヤスさ(イメージアビリティ)をタカめることを都市デザイントシデザインオ目標モクヒョウの1つとして提案テイアンした。
リンチは、イメージがアイデンティティ、ストラクチュア、ミーニングの3成分から成るとし、環境のイメージを構成するものとして、パス(道路、鉄道、運河など人が移動に使う線的要素)、エッジ(海岸、開発の縁など面的広がりの境界線)、ディストリクト(二次元的広ニジゲンテキヒロがりをもち、均質キンシツにイメージされる地域チイキ地区チク)、ノード(交通路コウツウロ交点コウテン集合点シュウゴウテン)、ランドマーク(土地トチ場所バショ目印メジルシ)の5要素ヨウソ抽出チュウシュツした。
イメージマップ image map
各自カクジがイメージしている都市トシ建築ケンチク空間クウカン地図チズカシしたもの。各人カクジンのイメージは各人カクジンゴトごとに実際ジッサイとはコトなるが、それらを集積シュウセキすることにより都市トシ建築ケンチク空間クウカン特性トクセイ把握ハアクすることができる。都市空間トシクウカンについては、K.リンチがボストンのイメージ分析ブンセキハジめてココロみた。
C.アレグザンダー Christopher Alexander (1936〜)
ウィーンでまれる。ケンブリッジ大学ダイガク建築ケンチク数学スウガクマナび、ハーバード大学ダイガク建築学ケンチクガク学位ガクイ取得シュトク(1963)。以来イライカリフォルニア大学ダイガクバークレイコウ教鞭キョウベンをとり、環境カンキョウデザイン学部ガクブ建築学科ケンチクガッカ教授キョウジュ。1967ネンバークレイに環境カンキョウ構造コウゾウセンターを設立セツリツ著書チョショは『コミュニティとプライバシー』(1963)、『パタン ランゲージ』(1979)など多数タスウ。プロジェクト、建築ケンチク設計セッケイでも幅広ハバヒロ活動カツドウし、埼玉サイタマケンスス学園ガクエンヒガシ高校コウコウでは主任シュニン建築家ケンチクカとして建設ケンセツ参加サンカした。
パタンランゲージ pattern language
C.アレグザンダーが提唱テイショウした、具体的グタイテキ建築ケンチク環境カンキョウ合理的ゴウリテキにデザインするためのツール。「パタン」とばれる環境カンキョウ構成コウセイする部分要素ブブンヨウソ集合シュウゴウを、「パタン・ランゲージ」という方法ホウホウにあたるシステムで、セミラチスジョウ構成コウセイすることによって環境カンキョウ建築ケンチク生成セイセイする方法ホウホウで、建築家ケンチクカ独善ドクゼンによらない、全員参加型ゼンインサンカガタ設計セッケイ目指メザしている。
R. ヴェンチューリ Robert Venturi (1925〜)
アメリカの代表的ダイヒョウテキ現代ゲンダイ建築ケンチクイエ。プリンストン大学ダイガクおよび大学院ダイガクインを1950ネン修了シュウリョウ。1954ネンから2年間ネンカンローマのアメリカンアカデミーに留学リュウガク。1964ネンからジョン・ローチと恊働キョウドウする。ペンシルベニア大学ダイガク助教授ジョキョウジュ(1957〜65),イェール大学ダイガク教授キョウジュ(1966〜70)ナドオオくの大学ダイガク教鞭キョウベンをとる。近代キンダイ建築ケンチクタイする批判ヒハンショ『Complexity and contradiction in Architecture (1966),伊藤イトウ公文コウブンヤク建築ケンチク多様性タヨウセイ対立性タイリツセイ』、『Learning from Las Vegas (1972), 石井イシイカズヒロコウ伊藤イトウ公文コウブンヤク:ラスベガス』は現代建築ゲンダイケンチク展開テンカイ多大タダイ影響エイキョウアタえた。カレ都市トシ表層性ヒョウソウセイ修辞学シュウジガクテキトラえ、類型学ルイケイガク(タイポロジー)を適用テキヨウし、記号化キゴウカする。そして、ラスベガスのサインを「コミュニケーションの建築ケンチク」と評価ヒョウカした。代表作品ダイヒョウサクヒンに、ハハイエ(1963, フィラデルフィア)、プリンストン大学ダイガクウー ホール(1983, プリンストン)などがある。
コーリン・ロウ Colin Rowe (1920〜)
建築ケンチク/アーバニズムの理論家リロンカナガらくアメリカのコーネル大学ダイガク建築ケンチクおよび都市計画トシケイカク指導シドウにあたった。1978ネン共著キョウチョで『コラージュ・シティ』を出版シュッパンしている。ロウは、近代建築に深い理解を寄せながら伝統的都市との比較を行い、そのどちらも共存させる道を選ぼうとする。19世紀セイキスエコロより1920年代ネンダイまでに発表ハッピョウされた近代建築キンダイケンチクによる都市トシプロジェクトは、部分的ブブンテキ実現ジツゲンされたものの、いずれも満足マンゾクいく結果ケッカではなかった。スクなくとも欧米オウベイについては伝統的デントウテキ都市トシホウ魅力的ミリョクテキかもしれない。このニシャシャ択一タクイツタイして、フルいものとアタラしいものとのずれがアラたなイメージをすとしている。
マキ 文彦フミヒコ 建築家ケンチクカ東京大学トウキョウダイガク建築学科ケンチクガッカ卒業ソツギョウゴ、ハーバード大学ダイガク修士シュウシゴウ取得シュトク、ワシントン大学ダイガク助手ジョシュ、ハーバード大学ダイガク助教授ジョキョウジュて、1979-89ネン東京大学トウキョウダイガク建築学科ケンチクガッカ教授キョウジュ。(カブマキ総合ソウゴウ計画ケイカク事務所ジムショ代表ダイヒョウ取締役トリシマリヤク代表ダイヒョウ作品サクヒンは、代官山ダイカンヤマヒルサイドテラス、スパイラルなど多数タスウクニのなかでもモットもアーバンデザインを意識イシキする建築家ケンチクカ一人ヒトリであり、都市トシタイする様々サマザマ言及ゲンキュウオコナってきている。著書「見えがくれする都市」では、都市の奥性など、日本の都市が有する固有の美について説き、その空間性クウカンセイ反映ハンエイされたのが代官山ダイカンヤマヒルサイドテラスでもある。横浜ヨコハマ都市トシデザインでも、馬車道バシャミチ計画ケイカク設計セッケイなどを先導センドウしてきた。
バーナード・チュミ Bernard Tschumi (1944〜)
現代ゲンダイ建築家ケンチクカ。コロンビア大学ダイガク教授キョウジュ。1983ネン、ラ・ヴィレット公園コウエン国際コクサイ設計セッケイ狭義キョウギ提出テイシュツしたアン最優秀サイユウシュウとなり、全体ゼンタイ計画ケイカクをつくる主任シュニン建築家ケンチクカエラばれた。ラ・ヴィレット地区チク開発カイハツは、パリ市内シナイ北東部ホクトウブのとチクサン跡地アトチを、50haの大規模ダイキボ公園コウエンにし、アワせて音楽オンガクセンター、科学カガク産業サンギョウ博物館ハクブツカンなどを建設ケンセツする計画ケイカクである。公園コウエン設計セッケイ競技キョウギ伝統的デントウテキ造園ゾウエン技術ギジュツとしての提案テイアンではなく、屋外オクガイ劇場ゲキジョウ、レストラン、アート・ギャラリー、各種カクシュワークショップ、ヴィデオ・センターなど、様々サマザマ機能キノウアワった、いわばひとつの都市トシ基盤キバン整備セイビであったとえる。しかも、それは一般的イッパンテキなインフラストラクチャーとしてのそれというよりも、え、身体的シンタイテキ体験タイケンできる、視覚的シカクテキなまたは運動的ウンドウテキ基盤キバン整備セイビであった。
 チュミのアンは、点線テンセンメンコトなるケイカサわせることによって説明セツメイされる。テンとしてはフォリーとばれるアカられた小規模ショウキボ建物タテモノ敷地内シキチナイ格子状コウシジョウハイされる。センがりくねり,高低差、コウテイサをもった、ヒトアルくためのプロムナードである。メンは、円形エンケイ三角形サンカッケイ四角形シカクケイ構成コウセイされ、そこには既存キゾン条件ジョウケンであった科学カガク産業サンギョウ博物館ハクブツカンキュウ市場イチバ建物タテモノナドフクまれる。それぞれのケイ分離ブンリされて、模式化モシキカされダイアグラムとしてシメされる。そしてこれをヒトつの敷地シキチウエカサわせるが、一見無造作に置かれる。チュミは、その調整チョウセイをあえて意図的イトテキけることによって、それぞれのケイ計画ケイカク過程カテイでは予期ヨキできない異種イシュわせの隣接リンセツ併存ヘイゾンき、そこからまれるアタラしいイメージを目指メザしている。