都市トシデザインガク <用語ヨウゴ解説カイセツ
1. 都市トシクウカンデザインの領域リョウイキ役割ヤクワリ
都市トシデザインとはナニ
出典シュッテン 建築大ケンチクダイ辞典ジテン ダイハン」、ショウ国社クニシャ、1993
広辞苑コウジエン 第四版ダイヨンハン」、新村ニイムライズルイヘン岩波書店イワナミショテン、1993
アーバン デザイン urban design
土地利用トチリヨウ交通コウツウ計画ケイカクなどの機能的キノウテキ側面ソクメンから都市トシ計画ケイカクする都市計画トシケイカク(シティプラニングcity planning)にタイし、建築群ケンチクグン街路ガイロ広場ヒロバ緑地リョクチなどの都市トシ空間クウカン構成コウセイ要素ヨウソ形態ケイタイ主眼シュガンをおいて都市トシ計画ケイカク設計セッケイすること。近代キンダイ以前イゼン都市トシづくりは機能的キノウテキ側面ソクメン空間的クウカンテキ側面ソクメン一体イッタイにとらえられていたが、近代キンダイになって機能キノウ偏重ヘンチョウ都市計画トシケイカク主流シュリュウになるなか、これにタイする反省ハンセイフクめて、アラタめて都市空間トシクウカン総合ソウゴウテキにとらえようとする。
ヨーロッパでは第二次ダイニジ世界セカイ大戦タイセン住宅ジュウタク団地ダンチやニュータウンの設計セッケイでタウンスケープとして主張シュチョウされ、アメリカでは1950年代ネンダイ後半コウハンにスーパーブロックの再開発サイカイハツ契機ケイキアラたな職能ショクノウ必要性ヒツヨウセイわれ、アーバンデザインの概念ガイネン定着テイチャクした。
この実務的ジツムテキ対象タイショウげれば、(1)都市の骨格の決定、(2)中心業務地区、商店街、住宅地区等の地域再開発計画・設計、(3)歴史的景観地区、良好な環境地区等における保護保存、修復の計画・設計、(4)ニュータウンや住宅団地、工業団地、キャンパスやレクリエーション地区等の新開発計画・設計、(5)スーパーブロックや超高層建築、コミュニティセンター等建築群の構成・計画・設計、(6)ストリートファニチュア、広場など都市ディテールの設計、などがシュたるものである。
今日コンニチ課題カダイとして、それらをより確実カクジツ実現ジツゲンするための詳細ショウサイ規則キソクのありカタ実効的ジッコウテキ仕組シクみの整備セイビ必要ヒツヨウミトめられつつある。「都市設計トシセッケイ」「都市トシデザイン」ともいう。
都市空間トシクウカン urban space, urban place
1)都市トシ構成コウセイしている実際上ジッサイジョウのさまざまな空間クウカントク田園デンエン集落シュウラクではられない都市特有トシトクユウの、あるいは都市的トシテキカンじをアタえる空間クウカン。その構成コウセイ要素ヨウソについては、都市景観トシケイカン視覚分析シカクブンセキ都市要素トシヨウソ分析ブンセキ研究ケンキュウがある。また偶然的グウゼンテキヒト事件ジケンとの出会デアい、ニギわいなどのような都市現象トシゲンショウ空間クウカン要素ヨウソヒトつとしてススめられている研究対象ケンキュウタイショウである。
2)概念ガイネンカサされた都市トシ構成空間コウセイクウカン現実ゲンジツ実体的ジッタイテキ空間クウカンから有意ユウイ性質セイシツ形態ケイタイ抽象チュウショウして概念ガイネンジョウジョウ空間クウカン計画過程ケイカクカテイ設計過程セッケイカテイモチいられる。空間相互クウカンソウゴ関係カンケイ仕組シクみのカタ都市構造トシコウゾウとして理解リカイされ、アラたな骨組ホネブミホネグみのもとに計画的ケイカクテキ再構成サイコウセイするときの材料ザイリョウとなる。そして概念化ガイネンカすることによって明瞭メイリョウとなる空間自体クウカンジタイ性質セイシツ機能キノウについての改善カイゼンアタラしい内容ナイヨウ付与フヨ計画ケイカク目標モクヒョウとなる。
都市トシ計画ケイカク town planning, city planning
1)都市トシ経済ケイザイ社会シャカイ文化ブンカなどの諸機能ショキノウ十分ジュウブン発揮ハッキさせ、都市トシにおける生活セイカツおよび諸活動ショカツドウ安全アンゼン健康ケンコウ利便リベン能率ノウリツ快適カイテキハカ目的モクテキをもって、都市トシ基盤キバン土地トチ利用リヨウ建築ケンチク敷地シキチ建築物ケンチクブツなどをトトノえようとすること、ナニ基本的キホンテキ要素ヨウソとして理解リカイするかによって、ツクられる計画ケイカク現実性ゲンジツセイ思想シソウセイ奥行オクユなどがコトなってくる。
2)都市計画トシケイカクホウにおいて規定キテイされる都市計画トシケイカク法定ホウテイ都市計画トシケイカク)。同法ドウホウでは都市トシ健全ケンゼン発展ハッテン秩序チツジョある整備セイビハカるための土地利用トチリヨウ都市施設トシシセツ整備セイビおよび市街地シガイチ開発カイハツ事業ジギョウカンする計画ケイカクサダめることにしている。
都市形態トシケイタイ urban form
都市トシ二次元ニジゲンおよび三次元サンジゲンテキ形態ケイタイ自然シゼン形態ケイタイ従属ジュウゾクテキであり、過去カコには社会シャカイ機構キコウによりサダまったこともあるが、今日コンニチでは一般イッパン交通網コウツウモウ形態ケイタイ従属的ジュウゾクテキであることがられている。線状センジョウガタ格子状コウシジョウガタ放射状型ホウシャジョウガタ環状カンジョウガタなどいくつかに分類ブンルイ整理セイリしてトラえることが可能カノウである。
都市トシ形態ケイタイガク urban morphology
都市トシ形態ケイタイ都市トシ機構キコウ構造コウゾウ沿って解剖論カイボウロンテキ比較論ヒカクロンテキ分析ブンセキし、一見イッケン無秩序ムチツジョえる個々ココ人間ニンゲン活動カツドウ建設ケンセツ集積シュウセキのなかに普遍フヘンテキハタラチカラ共通キョウツウ因果インガ関係カンケイ考究コウキュウして、都市トシ形態ケイタイ成立セイリツ説明セツメイ理解リカイしようとする研究ケンキュウ分野ブンヤ
タウンスケープ townscape
1)都市トシ立地リッチする自然的シゼンテキ基盤キバン地形チケイ水系スイケイ)と街路ガイロ建築物ケンチクブツ広場ヒロバなど人工ジンコウ構造物コウゾウブツ構成コウセイする景観ケイカン西欧セイオウノコ中世チュウセイ都市トシのように完全カンゼン構造物コウゾウブツ卓越タクエツする景観ケイカンと、クニオオくの都市トシのように樹木ジュモク水等ミズナド自然的シゼンテキ要素ヨウソ人工ジンコウブツとの調和チョウワがつくり景観ケイカンとがある。「都市トシ景観ケイカン」「アーバンスケープ」ともいう。
2)イギリスを中心としたタウンスケープ派に主張された概念。土地利用トチリヨウ機能キノウ偏重ヘンチョウ都市計画トシケイカクタイし、自然シゼン発生的ハッセイテキ形成ケイセイされてきた市街地シガイチ(タウン)がりなす固有性コユウセイ着目チャクモクし、そのカタなどから設計セッケイ手法シュホウ提案テイアンしようということがココロみられた。
土地利用トチリヨウ land use
ある地区チク土地トチをさまざまな用途ヨウトおよび形態ケイタイ使ツカけること。都市トシ計画ケイカクないし都市トシ地理チリテキ観点カンテンからモチいる。
土地利用トチリヨウ規制キセイ land use regulation
土地トチリヨウ所有ショユウトモナ土地トチ利用リヨウ収益シュウエキ処分ショブン自由ジユウ社会的シャカイテキ必要ヒツヨウにより制約セイヤクすること。制約セイヤク必要ヒツヨウ程度テイドについては歴史的レキシテキ強化キョウカされ、かつ各国カククニによってコトなる。
日本の現状は、1989年土地基本法にみられるように、「公共の福祉」の内容など明確さを欠く理念の宣言にとどまる。また、都市計画トシケイカク区域クイキ区分クブンセイ線引センビき)、地域チイキ地区チクセイなどの具体的グタイテキ規制キセイ枠組ワクグみはモウけられているものの、土地利用トチリヨウ計画ケイカク実現ジツゲン手法シュホウという性格セイカクよりも最小限サイショウゲン不都合フツゴウ排除ハイジョという性格セイカクツヨく、一般イッパンオオまかでユル規制キセイである。サラ近年キンネン規制キセイ緩和カンワ挑戦チョウセンけるにイタっている。
開発カイハツ行為コウイ 都市トシ計画ケイカクホウにおいて、シュとして建築物ケンチクブツ建築ケンチクヨウキョウする目的モクテキオコナ土地トチ区画クカク形質ケイシツ変更ヘンコウ
新開発シンカイハツ new development
現在ゲンザイ都市トシテキ利用リヨウのされていない土地トチウエアラたに都市トシ活動カツドウ立地リッチさせるべくオコナわれる行為コウイ総称ソウショウ
再開発サイカイハツ renwal, redevelopment
既存キゾン活動カツドウ集積シュウセキ地域チイキ地区チクにおいて、施設シセツ序興ジョキョウ修復シュウフク建替タテカえなどによって、活動カツドウえ、活動カツドウ効率化コウリツカ環境カンキョウ改善カイゼンなどをオコナおうとする行為コウイ総称ソウショウ新開発シンカイハツ対置タイチされる。
修復シュウフク restoration
歴史的レキシテキ価値カチのある建造物ケンゾウブツ彫刻チョウコクなどの補修ホシュウ化粧ケショウナオし。
コンセプト concept
具体的グタイテキ形態ケイタイ背後ハイゴにあってそれをササえ、形態ケイタイ決定ケッテイがかりとなるもの。設計セッケイ前提ゼンテイ条件ジョウケンと、形態的ケイタイテキ解決カイケツとを媒介バイカイするものとカンガえられる。現代ゲンダイ美術ビジュツ分野ブンヤにおけるコンセプチュアルアートに代表ダイヒョウされる建築ケンチク分野ブンヤとして、P.アイゼンマンらは知覚チカク可能カノウ表層ヒョウソウササえる、精神的セイシンテキ深層シンソウ構造コウゾウ意味イミモチいている。
イメージ image, imagery
心象シンショウ。「いま、ここにない」対象タイショウが、心的シンテキ体験タイケンされたそのもの。イメージは、形態ケイタイ色彩シキサイのような知覚チカクされる性質セイシツ現実ゲンジツ対象タイショウオナじようにテンで、シンボルと区別クベツされる。デザインにおいては、創造ソウゾウしようとする対象タイショウカンするイメージが操作的ソウサテキアツカわれているとカンガえられる。アーバンデザインや都市トシ空間クウカンについてイメージロン導入ドウニュウした代表ダイヒョウがK.リンチの『都市トシのイメージ(Image of the City)』(1960)である。
主体シュタイ 1) subject 作用サヨウオヨぼすほうのもの(作用サヨウオヨぼされるほうのものを客体キャクタイというのにタイして)
2)事業ジギョウなどを実施ジッシするヒト組織ソシキのこと。もしくはその関係者カンケイシャフクめたカク存在ソンザイトク都市工学トシコウガク土木ドボク建築ケンチク都市計画トシケイカクなど)の分野ブンヤモチいられる。「事業ジギョウ主体シュタイ」など。
3) main frame 建築物ケンチクブツのうちの主要シュヨウ部分ブブン仕上シアザイ建具タテグ設備セツビ関係カンケイ施設シセツなどをノゾいた主要シュヨウ構造コウゾウ部分ブブンをいうことがオオいが、その範囲ハンイ明確メイカクなものではない。
ディテール detail
1)建築物ケンチクブツなどの細部サイブ詳細ショウサイ
2)詳細図ショウサイズまたは詳細図ショウサイズアラワ内容ナイヨウハカ(かなばかりず)ともう。
外部ガイブ空間クウカン exterior space, outdoor space
建物タテモノ外側ソトガワ空間クウカン建物タテモノアイダにできる空間クウカンタンなるアマリりでなく、それ自体ジタイ対象タイショウとして構成コウセイすべきであることが認識ニンシキされることから使ツカわれるようになった術語ジュツゴ近代キンダイ建築ケンチク成熟セイジュク単体タンタイ建物タテモノえた問題モンダイへの注目チュウモクをもたらし、外部ガイブ空間クウカン重要ジュウヨウ意味イミいだして、積極的セッキョクテキ設計セッケイしていこうとする主張シュチョウオオられるようになった。都市トシ建築ケンチクとの関係カンケイ具体的グタイテキありカタ意識的イシキテキになり、トータルに、よりユタかな環境カンキョウツクそうとするサイの、シュたる注目点チュウモクテンである。←内部ナイブ空間クウカン
ストリート street furniture
ファニチュア 広義コウギには屋外オクガイ環境カンキョウ施設シセツ全般ゼンパン狭義キョウギには街路ガイロ空間クウカンかれる屋外オクガイ家具類カグルイ総称ソウショウマチのイメージづくりの重要ジュウヨウ要素ヨウソストリートライフがサカんになるにつれて、安全アンゼン地帯チタイ植樹帯ショクジュタイ施設シセツ急速キュウソクやイベントナドのための施設シセツ修景シュウケイ演出エンシュツのための施設シセツ商業ショウギョウ情報ジョウホウのための施設シセツナド発達ハッタツし、また交通コウツウ施設シセツ照明ショウメイ都市トシ管理カンリ施設シセツナドでのデザインススんでいる。