8回全国茅葺き民家保存活用ネットワーク協議会

総会・シンポジウム

 

日程

平成19630日(土)〜71日(日)

 

開催地

佐賀県鹿島市 エイブル

 

テーマ

1.これまでのテーマ

1回総会・シンポジウム 平成12年白馬村

2回総会・シンポジウム「茅場の明日を考える」平成1361617日 宮城県北上町

3回総会・シンポジウム「日本の多様な茅葺き民家」平成1462930日 神戸市

4回総会・シンポジウム「世界遺産になった合掌集落の課題」平成1551011日 白川村

5回総会・シンポジウム「茅葺き民家の保存・活用を考える」平成16656日 美山町

6回総会・シンポジウム「みんなで育てる茅葺きの風景」平成1792425日 塩山市

7回総会・シンポジウム「伝えよう茅葺きの文化と技術」平成1852728日 石岡市

第8回総会・シンポジウム平成19630日・71日 鹿島市

 

2.鹿島大会でのテーマ

今、茅葺き民家にすまう意義

→茅葺で家をつくる、なおす意味。古いものを残すだけでなく新しい茅葺きもある若

 い職人もいる。現代の生活における茅葺き民家に対するニーズとは。

 

九州のかやぶき

→くどづくりの茅葺き民家、材料(よしわら)の保全、有明海との関係

 

3.今後のスケジュール

1. 45月上旬:幹事会開催(ネットワークの方向性の確認)・会費請求

2. 5月中旬:総会・シンポジウム案内の送付/配布資料の作成

 

内容

630日(土)

□幹事会

13301445@?

□出演者顔合わせ(うちあわせ)

14451515@?

□総会

15151530@?

□シンポジウム

1530 開場

1600〜開会(会長/開催地)

1615〜開催地報告;鹿島市の取り組み(30

1645〜基調報告;茅葺き民家をめぐる最近の動き(30

1715〜休憩・配置転換(15

1730〜パネルディスカッション(60)「         」

    コーディネーター:安藤邦廣(筑波大教授)

    パネリスト:鈴山さん(民家リサイクル協会九州支部);新たに茅葺き葺いた

          三島伸雄(佐賀大);伝建地区の調査(現地の状況)

          ○○○○(職人);新たに自宅を茅葺きで作ろうとしている?

          →あくまでも人選は案ですのでご希望をお聞かせください。

1830〜意見交換(15

1850 閉会挨拶(開催地)

1900 閉会<移動>

□懇親会(できれば宿泊施設の中/夕食を兼ねる)

19302100

 

◇確認事項

開始時間の確認(電車の到着時間):前泊の必要性

シンポジウム会場について(うちあわせ場所・総会・

宿泊施設について(キャパシティ/借り押さえ)

懇親会の場所/値段の確認

シンポジウム会場〜懇親会〜宿泊施設の場所移動方法(自家用車の人が多いので)

宿泊費は各自で負担/支払い

 

71日(日)

□見学会

10001230