研究室名  流域環境工学研究室


スタッフ職名・氏名 教授 古賀憲一


研究室概要
 水環境に関連する研究を行っている。河川、ダム湖沼などの水資源は、水量と水質、そして生態系の観点から適正に保全・管理される必要がある。
 我が国の水環境問題は、古くは水質汚濁問題で代表されるように、公害防止を目的とした技術開発や制度が整備され、現在は深刻な公害問題は沈静化の傾向にある。これからは、公害問題も視野に入れつつ、環境問題として取り組む必要がある。
 水環境問題は、基本的には流域を視野に入れた総合行政として対処しなければならないが、我が国においては地方分権の歴史が浅いこともあり、流域管理を行うための制度や技術の充実が遅れている状況にある。これまでは、河川、ダム貯水池の水量・水質管理に関する個別的研究を行ってきた。近年、これらの成果を基礎にして総合化に向けた研究を進めている。


研究テーマ
 ・ ダム貯水池の水質解析と水質保全に関する研究
 ・ 河川事業に関する環境評価と経済評価に関する総合的研究
 ・ 筑後川水系・嘉瀬川水系の総合水資源管理に関する研究
 ・ 佐賀低平地水路網の水管理に関する研究
 ・ 閉鎖性水域の水質改善と水質管理に関する研究
 ・流域管理を目的とした総合水管理モデルの開発