※年度別五十音順
卒業・修了
年度
 氏 名   論文題目(卒論/修論/博論
H25
H27
Y.Okazaki  「幾何学的非線形解析におけるFEM とTSM の精度と収束性に関する比較検討」
 「超大変形解析における幾何剛性の構成と適合条件の厳密性に関する研究」
H25 Y.Okamoto  「滑節点を有するケーブル要素によるあやとりシミュレーョン」
H25 S.Kato  「曲率一定区間が異なる2つの非弾性棒要素を用いた骨組構造物の静的応答比較」
H25 H.Sakai  「ケーブルの弛緩を考慮したテンセグリティの畳込み過程の追跡」
H25
H27
M.Tomioka  「直交異方性膜の大変形現象に関する実験的研究」
 「面外曲げ抵抗を考慮した直交異方性膜の大変形解析と実験」
H25 K.Wada  「曲率一定区間が異なる2つの非弾性棒要素を用いた骨組構造物の地震応答比較」
H25 M.Wada  「ケーブル補強された膜構造曲面形態解析における軸力材力学モデルの比較検討」
H26
H28
K.Ichii  「高精度時刻歴応答計算法の安定性と精度に関する研究」
 「非弾性骨組構造物の地震応答解析において振動形解析法を使用したNewmark法の研究」
H26 R.Kawakami  「リバーステンセグリティの形態解析」
H26
H28
Y.Fukuoka  「等ひずみ曲面解析による圧縮シェル形態形状に関する研究」
 「定ひずみ要素を用いた懸垂膜曲面反転による圧縮シェル形状に関する研究」
H26 N.Beppu  「柔ケーブル構造の遅れ接触判定アルゴリズムの開発」
H26 M.Matsuoka  「要素力式におけるせん断変形の処理が解におよぼす影響について」
H26
H28
A.Yamasaki  「平面骨組構造の大変位接触解析に関する数値実験的研究」
 「大変位平面骨組解析におけるTimoshenko型接触要素力式の解析性能に関する研究」
H26
H28
S.Yamada  「懸垂膜吊り上げ実験による非抗圧膜モデル理論の検証」
 「非抗圧膜モデル理論による空気膜ドームのインフレーション解析に関する研究」
H26 K.Yoshimura  「シザー構造の畳込みシミュレーション」
H27 M.Imamura  「石鹸膜アナロジーを用いた数値計算による任意形断面のねじり抵抗算定手法について」
H27 T.Kawakami  「解析精度向上を目的とした膜曲面の三角形要素分割改良アルゴリズムの開発」
H27 T.Kitajima  「非弾性構造物の逐次固有値解析へのGram-Schmidt法の適用性に関する研究」
H27 Y.Kitamura  「複数接触点を持つ平面骨組要素の開発」
H27 K.Tanaka  「自重下の懸垂曲面反転による圧縮曲面形状の算出に関する研究」
H27 K.Nagae  「1自由度系の地震応答計算における各種アルゴリズムの比較研究」
H27 M.Miyahara  「長周期地震動対策のための同調ダンパーの実用性に関する基礎的研究」
H27 S.Yamaguchi  「ケーブルネット構造における網目形状の大変形挙動への影響に関する研究」
H27 A.Yamada  「フィングリッパーの変形挙動シミュレーション」
H28 K.Iwakuma  「非抗圧多点接触軸力要素による編み込み構造のシミュレーション」
H28 D.Koga  「Henckyひずみの定義を用いた超弾性体の大変位大変形解析」
H28 K.Tamura  「非弾性鉄骨構造の地震応答計算における時間積分アルゴリズムの高精度化に関する研究」
H28 K.Nakanishi  「無応力長指定型軸力線によるテンセグリティ新形態の創造」
H28 D.Fujinaga  「圧縮シェル曲面形態解析におけるケーブル付加による偏差ひずみ低減効果に関する研究」
H28 K.Fujimoto  「圧縮応力により形成されるシドニーオペラハウス型屋根曲面の形態解析に関する研究」
H28 E.Yamaguchi  「幾何学的非線形解析の可視化に関する研究」
ページの先頭に戻る
Structural [Engineering/Analysis] Laboratory Topへ   前ページへ


©2003-2017 Structural Analysis Laboratory