※年度別五十音順
卒業・修了
年度
 氏 名   論文題目(卒論/修論/博論
H06 H.Abiko  「方杖ラーメンの形状と弾性座屈に関する研究」
H06 K.Osawa  「水荷重を受ける膜構造に関する研究」
H06 H.Okano  「各種ラーメンの形状と弾性座屈に関する研究」
H06
H08
K.Kajiki  「The Magnitude of Second Order Stresses in a Warren Truss」
 「接線剛性法の立体多節点有限ブロック要素構造への適用」
H06 N.Kitajima  「異方張力曲面形状に関する研究」
H06 H.Kumabe  「アーチの弾性座屈後の形状に関する研究」
H06 T.Kondo  「バイリニア系の不規則応答に関する基礎的研究」
H06 N.Shimoda  「新北九州空港連絡橋への免震構造の適用に関する研究」
H06 T.Suga  「The Magnitude of Second Order Stresses in a Warren Truss with Vertical Members」
H06 M.Terauchi  「タワーステイを有する連続吊橋の力学的特性」
H06 T.Toritani  「動的手法による空間曲面形状解析」
H06 H.Hirose  「The Magnitude of Second Order Stresses in a Pratt Truss」
H06 H.Morita  「線長比例張力部材によるネット形成曲面に関する研究」
H06 E.Yamaji  「中央一本塔斜張橋の支点構造による力学的特性」
H07 S.Ichige  「連続側径間を有する吊橋の特性に関する研究」
H07 K.Ito  「連続鋼管を補剛桁とする多径間ローゼ桁の研究」
H07 R.Shimaki  「動的手法による石鹸膜形成曲面解析」
H07 Y.Sugino  「完全固定ばりの力学的特性」
H07 Y.Takiguchi  「The Infulence of Taste on Bridge Aesthetics」
H07 R.Takenuma  「A Comparison of Famous Stone Masonry Arch Bridges in Europe and Japan.」
H07
H09
K.Tanaka  「The Development of Cable Stayed Bridges through Historical Examples」
 「Design of Makoi Maros Bridge」
H07 C.Nishimura  「The Development of Suspension Bridges through Historical examples」
H07
H09
M.Nishikori  「単支間任意形状桁の落橋防止に関する研究」
 「免震橋梁の橋軸直角方向地震応答」
H07 H.Honda  「線長比例軸力線によるケーブルネットおよびラチスドーム型形成曲面に関する研究」
H07 S.Matsumoto  「立体アーチの幾何学的非線形挙動に関する研究」
H07 T.Mori  「線長関数軸力線による形成可能曲面に関する研究」
H07 N.Yoshioka  「免震設計における諸問題に関する研究 -架違い部を有する免震橋梁の地震応答-」
H07 K.Wakamatsu  「脚柱を有する連続アーチの研究」
H08 R.Ogawa  「石鹸膜等張力曲面を先行状態とする膜構造の形状解析」
H08
H10
I.Okuyama  「Footbridge design proposal near the hear the health care center」
 「ゴム支承支持された斜桁および曲線桁の衝突事象を考慮した地震時応答解析」
H08 H.Kikui  「プレストレスト・ケーブル構造の力学的特性」
H08 K.Kizuka  「ラーメン構造の非線形特性と座屈問題に関する研究」
H08 M.Shimozono  「要素面積ポテンシャルを使用した単層構造曲面形状の解析」
H08 Y.Takahira  「Footbridge design proposal near the hear the university hall」
H08 K.Toda  「単支間曲線橋の分散支承剛性と自由振動特性」
H08 K.Hirano  「橋脚の剛性劣化を考慮した免震橋梁の地震応答」
H08 T.Fujiwara  「単支間斜橋の分散支承剛性と自由振動特性」
H08 Y.Yashima  「曲線格子構造の面外非線形挙動について」
H08 Y.Yoshida  「立体脚アーチ構造の非線形特性について」
H09 S.Inoue  「The Development of Truss Bridges through Historical Examples」
H09 K.Kubo  「分散支持曲線桁の地震時衝突挙動における自由振動特性の影響」
H09 I.Koga  「多角形リングの折り畳みに関する研究」
H09 T.Saita  「分散支持桁の地震時挙動における遊間と反発係数に関する考察」
H09 T.Narimatsu  「リングの折り畳みに関する研究」
H09 M.Noguchi  「垂直ループの大変形解析」
H09 N.Fukue  「1自由度弾性系の衝突振動に関する定性的研究」
H09 T.Fukumitsu  「1自由度衝突系の等価線形化に関する研究」
H09 K.Miyata  「分散支持斜桁の地震時衝突挙動における自由振動特性の影響」
H09 Y.Mutaguchi  「円形コイルの大変形解析」
H09 K.Yamasaki  「水平ループの大変形解析」
H10 T.Iiboshi  「落橋防止システムにおけるクリアランスに関する研究」
H10 Y.Isayama  「ゴム支承支持された斜桁の地震時衝突応答における最大値予測」
H10
H12
D.Komatsu  「ゴム支承支持された斜桁の遊間ゼロの落橋防止に対する効果」
 「RC断面の軸力と軸曲げによる終局解析」
H10 H.Sannomiya  「円弧部材の超大変形解析と実験」
H10 T.Sugata  「円弧部材の超大変形解析と実験」
H10
H12
S.Mori  「ゴム支承支持された曲線桁の遊間ゼロの落橋防止に対する効果」
 「線長ポテンシャル関数による形態解析とプログラミング」
H10
H12
N.Yamada  「ゴム支承支持された曲線桁の地震時衝突応答における最大値予測」
 「3次元フレーム大変位解析における不安定現象に関する研究」
H11 T.Abe  「線長比例軸力線による形態解析プログラミング」
H11 A.To  「線長比例軸力線による形態解析プログラミング」
H11 S.Nakaoka  「斜桁・曲線桁の衝突応答に及ぼす諸要因の影響」
H11 S.Matsuda  「空間フレーム要素の有限回転による要素変形に関する研究」
H11 K.Yamanoi  「RC断面の二軸曲げモーメントと軸力の相互作用による終局時の解析」
H12
H16
Xaypaxa  「Experimental study on pounding of skew and curved deck during earthquake」
 「A Study on Pounding of Single Bridge Deck duringEarthquake」
H12 N.Arai  「斜橋・曲線橋模型による地震時衝突振動の実験的研究」
H12
H15
A.Ito  「斜橋・曲線橋模型による地震時衝突振動の実験的研究」
 「RC橋脚の終局時近傍における中立軸の挙動に関する研究」
H12
H14
Y.Ochi  「グリーンヒル問題における断面形状の釣合経路への影響について」
 「形態解析プログラムの適用範囲拡張に関する研究」
H12 R.Koga  「スリット入りリングの畳み込み解析に関する研究」
H12 Y.Tokushige  「圧縮を受ける矩形板の大変形解析と要素設定に関する研究」
H12
H14
T.Harada  「材料非線形・幾何学的非線形を考慮したRC橋脚の静的挙動解析法」
 「非弾性・幾何学的非線形解析に関するエネルギー論的考察」
H12 D.Miyata  「石鹸膜形状解析における減圧膨張過程の追跡」
H12
H15
S.Yamashita  「幾何学的非線形解析における接線剛性マトリックスの構成に関する一考察」
 「非線形構造解析における増分反復機構に関する研究」
H13 Ostrikov  「Efficiency of energy absorbing dampers on seismic response of multistory buildings」
H13 H.Ibuka  「立体トラスの強制変位解析プログラミング」
H13 S.Maeda  「材端条件を有する平面骨組構造解析とそのプログラミング」
H13 K.Moriguchi  「中間荷重を考慮した平面骨組構造解析プログラミング」
H13 K.Yamasaki  「立体トラスの温度応力解析とそのプログラミング」
H13 Y.Yuasa  「平面骨組構造の温度応力解析とそのプログラミング」
H14 M.Ishimaru  「変位法によるケベック橋崩落時の応力解析」
H14 N.Uragami  「平面骨組構造の影響線解析プログラミング」
H14
H16
K.Kadota  「全ポテンシャルエネルギー停留状態と釣合解の安定性に関する研究」
 「接線剛性マトリックスの固有値とエネルギー的考察による分岐釣合経路追跡」
H14 S.Kamatani  「剛体域を考慮した平面骨組構造物の線形解析プログラミング」
H14
H16
I.Takayama  「平面骨組構造物の固有値解析プログラミング」
 「種々の形状を有する桁模型の衝突振動実験と最大衝突速度予測」
H14 T.Takedomi  「平面格子構造の影響線解析プログラミング」
H14 A.Nakagawa  「サイマルコントロール法による形態解析」
H14
H16
H.Nishida  「サイマルコントロール法による平面アーチの経路追跡」
 「軸力線要素置換による最小曲面形状決定手法に関する研究」
H14
H16
S.Maeda  「拘束弛緩反復法の演算効率に関する一考察」
 「柔骨組構造の動的大変形解析と数値実験的考察」
ページの先頭に戻る
Structural [Engineering/Analysis] Laboratory Topへ   前ページへ   次ページへ


©2003-2018 Structural Analysis Laboratory