平成18年度 修士論文タイトル



指導教官 タ  イ  ト  ル
荒牧 軟弱地盤免震を考慮した実橋梁構造物の耐震設計
軟弱地盤免震を考慮した建築構造物の耐震設計
石橋 歩道用透水性複合コンクリート平板の開発に関する研究
井嶋 4点バネ・剛棒要素による2次元大変位骨組構造解析
伊藤 ラインセンサスキャナを用いた全視野ひずみ計測装置の開発
帯屋 平面骨組の大変形接触解析
Web上で動作する構造力学学習支援ソフトウェアの開発
面内方向軸力線を用いた等張力曲面解析と解の力学的特性に関する研究
有明粘土の圧密特性におけるひずみ速度の影響
坂井 佐賀平野における広域地盤沈下情報データベースの利用法に関する研究
有効応力経路式を用いた砂の動的変形モデルに関する研究
季節的な地下水揚水を受ける佐賀平野の三次元浸透解析と地盤沈下解析に関する研究
渡邊 大規模な河川改修後の河床変動と洪水疎通能力に関する水理解析
丹羽 南島歌謡「琉歌」から読みとる沖縄の自然観に関する基礎的研究
道の駅の直売所にみる「地元性」に関する研究
『赤松土地臺帳』ならびに『佐賀市赤松町御城内之全図』からよみとる
近代佐賀城内の土地利用の変遷
多様な商業領域により形成された街路空間の特性に関する研究
−福岡市大名紺屋町通りを対象として−
日本二十六聖人殉教記念館資料館にみる今井兼次の設計手法
清田 三連式狭さくの速度抑制効果と狭さく部の適正間隔
三島 天空率からみた佐賀市中央大通り沿いの建物高さのあり方に関する研究
長崎県的山大島神浦における町家形式別にみた立面構成要素のあらわれ方について
−痕跡調査と立面復原図作成を通して−
設計意図からみたアーバンインフィル型集合住宅の分析とその考察
斎藤 歩行空間としての歩道の類型化と総合的評価
岩尾 The Investigation of Slope Failures Potential
Risk based on Topographical Analysis
(地形図を元にした斜面崩壊の潜在的危険度に関する研究)
外尾 旧佐賀市における地域情報及びGISを用いた地価形成要因分析
−地域特性などに着目して−
市街地の平面的拡大と拡大抑制の要因に関する研究
−佐賀市と帯広市をケーススタディとして−
スペースシンタックス理論を用いた地方都市中心市街地の構造分析
−佐賀市と鹿児島市をケーススタディとして−
廃棄物処分場の表面遮水構造に関する研究
石灰処理した有明粘土の長期的劣化に関する研究
荒木 有明海湾奥干潟域における懸濁物輸送と粗朶搦工による
細粒分捕捉効果に関する研究
リン除去能を付加した発泡廃ガラスの開発に関する基礎的研究
山西 自動昇降型水質測定装置を用いた水質の空間分布及び物質輸送特性に関する研究
有明海湾奥部の泥干潟における懸濁物質の動態と物質変換に関する基礎的研究
日野 有明海北西岸低平地の完新統における地下水環境の変遷メカニズムに関する研究