都市工学科の特徴

都市工学科は「都市環境基盤コース」と「建築・都市デザインコース」、2つのコース制による教育カリキュラムを特徴としています。
このカリキュラムを支える専門領域は多岐に亘っており。「構造・材料工学」、「都市計画・交通計画」、「環境・マネージメント」等の土木と建築の双方に関わりを持つ分野。「水環境・河川・流域水工学」、「地盤工学・道路工学」等の土木や社会基盤整備に密接なつながりを持つ分野。そして、「建築歴史・意匠」、「建築計画・都市デザイン」、「建築環境工学」等の建築学に軸足を置く分野からなりたっています。
佐賀大学の都市工学科では、人々が暮らし活動する「都市」の諸問題について、上記の各専門領域が連携しあい一体となって教育・研究活動を展開しています。
都市工学科の歴史

都市工学科は、1970年に設立した土木工学科が源です。設立12年後の1982年には土木工学の発展的な拡充を目的に、建設工学科を創設し、「土木工学科」と「建設工学科」の2つの学科となりました。
さらに、地域の課題である軟弱地盤対策と、総合的な水管理に関する研究を強化するため、1991年に低平地防災研究センターを設置しました。地域に密着した研究・教育の拠点として、行政、企業、技術者との連携を強め、地域への貢献を果たしてきました。また、外国から著名な研究者を迎え、大学院には留学生が急増し、両学科は国際色を強めていきました。
1997年には、理工学部全体の改編にともない、土木工学科、建設工学科の両学科を統合して学生定員90名の「都市工学科」が誕生しました。2001年には低平地防災研究センターも「低平地研究センター」として拡充改組されました。
都市工学科では学生及び地域からの強い要望に応えるため、建築・都市デザイン分野を充実させ、2006年度の入学生から、現在の2コース制による新たな都市工学科の体制による教育・研究を行っています。